5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

一行リレー小説「娘の秋」

1 :プレミアムU:03/09/21 20:44 ID:LvMeBaX6
ないので立てました。ストーリーはなんでもオッケーですので。


今年は冷夏のまま、秋を迎えることになった。

2 :芥川竜之介:03/09/21 20:46 ID:93JaQH65
しかし、すでにモーヲタたちは冬を意識し始めていたのであった。

3 :名無し募集中。。。:03/09/21 21:05 ID:Cc2tAv9j
〜 完 〜

4 :プレミアムU:03/09/21 21:13 ID:LvMeBaX6
娘達は秋のコンサートなどについて考えていた。

5 :夏目漱石:03/09/21 21:22 ID:udwfmlT9
ある娘の胸のうちは実りの乏しい秋になる予感で満たされていた

6 :名無し募集中。。。:03/09/21 21:26 ID:33g6x0/t
「はぁ・・・今年のきらら397は凶作なのかしら」

7 :名無し募集中。。。:03/09/21 22:59 ID:B4mIxIwl
「どうしたの圭織、ボーッとしちゃって。また交信してたんでしょ!」

8 :名無し募集中。。。:03/09/21 23:45 ID:TtJdzxFq
となっちが話しかけてきた。カオリは窓の外を見つめながら…

9 :名無し募集中。。。:03/09/22 08:03 ID:woATTgok
「なっちさぁ、爪切りもってる?」と、おもむろに問いかけた。

10 :プレミアムU:03/09/22 10:59 ID:HjZWueR3
「自分のあるでしょ、自分の使いなよ」

11 :名無し募集中。。。:03/09/22 11:18 ID:45CNZ8Nk
「だって…プラモの部品切り取るのに自分の使うのヤじゃん?」

12 :プレミアムU:03/09/22 11:54 ID:wkJAjMhk
「鋏かニッパー使えば?爪切りプラモの部品切り取るのに使う人いないよ」

13 :名無し募集中。。。:03/09/22 12:02 ID:L8Fzsvba
「そうなの?爪切りってヤスリもついてて便利なんだけどなぁ〜」

14 :名無し募集中。。。:03/09/22 12:08 ID:CQv7bwvl
すると、そのやりとりを見ていた紺野が自分の爪切りを取りだし

15 :プレミアムU:03/09/22 15:25 ID:bZgOe75U
飯田に「私のでよかったら、使ってください」と言って渡した。

16 :グレゴール:03/09/22 15:27 ID:rKeK8yB8
一方その頃、男はベッドの上で目を覚ました。すると男の体は

17 :名無し募集中。。。:03/09/22 17:04 ID:6XtEER4S
↑シカト。

飯田はその爪切りを手に取り「ありがとう!」と軽く微笑んだ。

18 :名無し募集中。。。:03/09/22 17:13 ID:MGiYke4i
しかし、飯田はその爪切りを見てとっても驚いた。なぜならば、

19 :名無し募集中。。。 :03/09/22 17:32 ID:DPjBcA2m
去年、飯田が辻にプレゼントしたものと同じだったからだ。これはいったい、

20 :名無し募集中。。。:03/09/22 17:47 ID:aZF6BDJK
「紺野これは?」と飯田は疑いを持った口調でたずねた。

21 :名無し募集中。。。:03/09/22 18:04 ID:6XtEER4S
「爪切りですよ?」紺野はキョトンとした表情で答えた。

22 :名無し募集中。。。 :03/09/22 18:08 ID:DPjBcA2m
「や・・・そうじゃなくって・・・」飯田は口ごもった。どうやって切り出そう・・・

23 :名無し募集中。。。:03/09/22 18:09 ID:R8rvOhIc
「「あの・・」」、二人は同時に同じ言葉で話を切り出してしまった。

24 :名無し募集中。。。:03/09/22 18:16 ID:6XtEER4S
しばらく気まずい空気が流れ、一部始終を見ていた安倍がこう言った。

25 :プレミアムU:03/09/22 19:55 ID:zPqxXhXZ
「どうしたの?この爪切りになんか仕掛けでもしてあるの?」

26 :名無し募集中。。。:03/09/22 20:11 ID:LTEx1pZr
安倍は飯田から取り上げた爪切りをマジマジと見つめている

27 :名無し募集中。。。:03/09/22 20:15 ID:LYmYQByK
「ううん、何でも。。。」

28 :名無し募集中。。。:03/09/22 20:25 ID:HW6+YGtp
「あれ?ここに大好きなのんちゃんへって彫ってあるよ。あはは、何これぇ!」

29 :名無し募集中。。。:03/09/22 20:31 ID:LTEx1pZr
「あっ!」飯田はハッとして爪切りを奪い返した。

30 :プレミアムU:03/09/22 21:16 ID:rkuItToi
「でもどうして紺野が、この爪切り持ってるの?辻ちゃんに貰ったの?」安部が不思議そうに言った。

31 :名無し募集中。。。:03/09/22 21:23 ID:HW6+YGtp
プレミアムUは果たしてヲタなんだろうか・・・、紺野はふとそう思った。

32 :名無し募集中。。。:03/09/22 21:32 ID:LTEx1pZr
↑あぼーん

「はい。この前辻さんに貰ったんですけど・・・?」と、紺野も不思議そうに答えた。

33 :賢者:03/09/22 21:45 ID:rkuItToi
「のんちゃん何か言ってなかった?」

34 :名無し募集中。。。:03/09/22 21:55 ID:LTEx1pZr
〜中断〜
すまん。>>33は誰の言葉?

35 :村上龍:03/09/22 22:14 ID:pRUfgQGh
↑カス
「うるせーよブタお前とはコミュニケーションできない」

36 :名無し募集中。。。 :03/09/22 22:38 ID:DPjBcA2m
〜再開〜
紺野は戸惑った。「えっ・・・あの・・・」どうして爪切りでこんなに問いつめられるの?

37 :名無し募集中。。。:03/09/22 22:38 ID:LTEx1pZr
スレヨゴシすまん。>>33は流れ的に飯田の言葉って事で。

〜再開〜

38 :名無し募集中。。。:03/09/22 22:53 ID:LTEx1pZr
「まあまあ、紺野もういいよ」見かねた安倍は困ったような笑顔で紺野にそう言った。

39 :名無し募集中。。。:03/09/22 22:55 ID:gi+hmdDW
それでも紺野は必死で安倍に食い下がった

40 :名無し募集中。。。:03/09/22 23:22 ID:45CNZ8Nk
「ちゃんと教えてください!これ、飯田さんが辻…のんつぁんにあげたんですか?」

41 :名無し募集中。。。:03/09/22 23:28 ID:R9Sc3wz5
「あっそう、だからもういいよ」安倍は覚めた目で言い放った

42 :名無し募集中。。。:03/09/23 00:23 ID:mHIQdeWw
「・・・・」紺野は無言でその場を立ち去り、辻が居る楽屋へ向かった。

43 :名無し募集中。。。:03/09/23 00:30 ID:oIxF6UHU
紺野の目には、うっすらと光るものが見えた。

44 :名無し募集中。。。:03/09/23 00:43 ID:Ywr1+q2d
紺野は辻が爪切りをくれた夜のことを思い出していた。

45 :名無し募集中。。。:03/09/23 02:42 ID:NMlPdG04
人気の無い私が今までやってこられたのも、全てあの夜があったからだ。

46 :名無し募集中。。。 :03/09/23 03:00 ID:u26LBCo3
「紺野ちゃん。何のプラモを作ってるんれすか?」

47 :名無し募集中。。。:03/09/23 03:03 ID:3pEgqXKH
ひとり背中を丸める紺野に声をかけたのは辻だった…

48 :名無し募集中:03/09/23 03:12 ID:1Ib7Y5g+
「辻・・・さん」
「え?私加護だけど」


49 :名無し募集中。。。:03/09/23 03:35 ID:WU6Ww/81
「どっひゃー」

50 :五行あったらもっと面白くできるのに・・・。:03/09/23 04:02 ID:1Ib7Y5g+
「とりあえず、倍賞美津子さんからの差し入れを食べようかな」
紺野は動転した気を落ち着かせるためにとりあえず食べた。

51 :小笑い:03/09/23 04:11 ID:TsqQzqWw
「アントニオ猪木のヒマワリナッツ?
何やのそれ?」
高橋が1人で読んでいた小説を閉じながら言った

52 :閑話休題:03/09/23 04:48 ID:qfxUREJa
ガラス細工のようなスレ

53 :劇的再開:03/09/23 07:47 ID:B4FE2eFP
「えっ・・・」紺野はますます動転した。

54 :プレミアムU:03/09/23 08:40 ID:Din8+w25
見てみると、たしかに「ヒマワリナッツ」とラベルが貼ってあった。
「こんなの貰ったかな?アハハハハ」紺野は笑うしかなかった。


55 :名無し募集中。。。:03/09/23 09:51 ID:ENLR/m4x
「おいしいのそれ?あーしにもひとつ」高橋はナッツを素早く口に放り込んだ。

56 :名無し募集中。。。:03/09/23 11:21 ID:/gKTcw1H
「大丈夫なの?それ」加護が笑いながら言うと、高橋はにっこりと微笑んでそれに応じた。

57 :名無し募集中。。。:03/09/23 11:56 ID:OJv6fCCi
「じゃ、加護もひとつ・・・」しかしナッツに伸びた手が、
何かを思い出したかのようにふと止まった。

58 :名無し募集中。。。:03/09/23 12:15 ID:DcZQW9o0
「紺ちゃん、爪切り持ってない?」加護は自分の爪を紺野に見せながら言った。

59 :賢者:03/09/23 12:32 ID:bY4Xy3Xl
「持ってますけど」紺野は緊張しながら爪切りを出した。

60 :名無し募集中。。。:03/09/23 12:49 ID:DcZQW9o0
「何?この爪切り?」加護は困惑した表情で爪切りを手に取った。

61 :プレミアムU:03/09/23 13:18 ID:bY4Xy3Xl
そして彫ってある文字に気付きこう言った。「なんで紺ちゃんが、この爪切り
持ってるの?」

62 :名無し募集中。。。:03/09/23 13:25 ID:rjcFA8S9
「KAORI」 これはリーダーの爪切りだ。

63 :名無し募集中。。。:03/09/23 13:36 ID:DcZQW9o0
「えっ?さっき辻さんから・・・」紺野は辻から爪切りを貰った時の事を話始めた。

64 :プレミアムU:03/09/23 15:11 ID:TOV2IkKS
「もしかして辻さんが飯田さんの爪切りと間違えて渡したんじゃないの?」高橋がこう答えた。


65 :賢者:03/09/23 15:48 ID:TOV2IkKS
紺野はどう言ったらいいのかわからず、黙り込んでしまった。「KAORI」の文字を
見た瞬間に頭が真っ白になった。

66 :名無し募集中。。。:03/09/23 15:57 ID:DcZQW9o0
そこへ、なにも知らない辻がやって来た。

67 :名無し募集中。。。 :03/09/23 15:57 ID:orfxwF7g
「どうしたのれすか? 食べ物の話れすか?」

68 :名無し募集中。。。:03/09/23 17:15 ID:mMl1kFlZ
「辻さん・・・」紺野は泣きそうな声で辻に助けを求めた。

69 :プレミアムU:03/09/23 17:29 ID:EMHdjbjp
「何があったのれすか?紺ちゃんどうかしたの?」辻が紺野に聞いた。

70 :名無し募集中。。。:03/09/23 17:54 ID:u+LGgrcb
紺野は哀しみに満ちた瞳で辻の事を見ている。

71 :名無し募集中。。。:03/09/23 18:02 ID:mMl1kFlZ
「…これ、さっき辻さんがくれたんですよね?」紺野は必死で辻に問い掛けた。

72 :名無し募集中。。。:03/09/23 18:08 ID:1Ib7Y5g+
紺野が問い掛ければ問い掛けるほど、辻は中尾ミエに化けていった。

73 :名無し募集中。。。 :03/09/23 19:52 ID:B4FE2eFP
だが、必死な形相の紺野の口もとにこびり付いたナッツの欠片を辻は見逃さなかった。
「ごまかそうとしてもダメなのれす。すべておみとおしなのれす。」

74 :名無し募集中。。。:03/09/24 06:11 ID:WTqgSZp+
辻はバッグからアポロやら柿の種やらをザクザクと取り出すと、机の上にぶちまけた。
「だがしぱーてぃーをひらくなら、ののにもこえをかけてくれなきゃだめなのれす。」

75 :プレミアムU:03/09/24 10:19 ID:NOsCjBPB
「あの、辻さん私の話聞いてます?」もう一度紺野は辻に聞いた。

76 :名無し募集中。。。 :03/09/24 11:21 ID:TkM0U/fh
しかし、テーブルの上でお菓子の袋が次々と開かれていく様をみて、紺野はそれが愚問であることに気が付いた。
・・・辻主催の即席駄菓子パーティーの準備は、ほぼ完成しつつあった。



77 :名無し募集中。。。 :03/09/24 13:17 ID:cW/SiDXO
>>342
確かシンガーソングライター目指したと聞いたが。

78 :名無し募集中。。。:03/09/24 13:29 ID:fonPwfF/
お菓子をつまみながら、辻はふとそんな話を口にした。

79 :名無し募集中。。。:03/09/24 14:52 ID:hfxmjSQQ
「少しは真面目に私の話を聞いて下さい!!」

紺野はバンと机を叩くと、辻の事をキッと睨む。
その目は焦りと苛立ち
そして哀しみ…
様々な物がゴッチャに成った深い紺色をしていた。

80 :名無し募集中。。。:03/09/24 18:33 ID:ESw7ql+o
一行リレー小説なんですけどお

81 :プレミアムU:03/09/24 19:12 ID:h/N9HDQ2
気を取り直して。

周りは静まり返った。辻はお菓子をつかむ手が止まり紺野の方を見た。

82 :名無し募集中。。。:03/09/24 20:26 ID:j+8ptEgR
紺野は(・∀・)ニヤニヤ してた

83 :名無し募集中。。。:03/09/24 23:32 ID:xERZOYI1
「なんれすかニヤニヤして。チョコバットでも当たったのれすか?」

84 :名無し募集中。。。:03/09/25 07:08 ID:guAthPk6
「えっ、チョコバット当たったの!?」小川が静寂を蹴破るようにして楽屋に入ってきた。
「当たったの誰?あさ美ちゃん?いいなぁ〜。」

余りにも救われない展開に紺野の心は傷悴し、その心情はやがて涙となって溢れた。

85 :賢者:03/09/25 10:44 ID:fG1m+3le
「なぜ私の話をみんな聞いてくれないの!さっきから爪切りのこと聞いてるのに」紺野は大声で叫んだ。



86 :名無し募集中。。。:03/09/25 13:13 ID:TEc8zPLM
「そんな事はどうでも良いんれすよ。」
「そうそう、あさ美ちゃん面白くない〜。」

さも興味無いと言わんばかりに、切り捨てる辻と小川…

87 :賢者:03/09/25 14:23 ID:tbtGRgca
「もういいです!」そう言い残し紺野は楽屋を去った。

88 :ナレーター:03/09/25 14:40 ID:0XFGKMj6
( 紺野は今から、芦屋小雁とのデートである。)


89 :名無し募集中。。。 :03/09/25 15:07 ID:szzYZNKI
待ち合わせは、ビッグサイト正門前に10時の約束である。

90 :名無し募集中。。。:03/09/25 15:58 ID:o+7F/Ai7
突然電話が鳴り、芦屋小雁が来れなくなったと言う知らせが入った。

91 :名無し募集中。。。:03/09/25 16:59 ID:w0atCPY9
「小雁さんヒドイ・・・」失意の中、あても無く彷徨う紺野の前に、彼女は突然現れた。

92 :名無し募集中。。。:03/09/25 17:37 ID:XzBkPRF+
「紺野あさ美さんですね?」薄手のコートをまとい、帽子を目深に被った女は言った。

93 :名無し募集中。。。:03/09/25 17:55 ID:szzYZNKI
ところが紺野は彼女に会ったことも見たこともなかった。

94 :名無し募集中。。。:03/09/25 21:45 ID:PJQ6xeMR
「取材なら、ちゃんとマネージャーさんを通してください。」

95 :名無し募集中。。。 :03/09/25 23:05 ID:2boIkD6V
「市井紗耶香という名前、聞いたことはない?」

96 :名無し募集中。。。 :03/09/25 23:51 ID:N1BKd43y
「1983年12月31日生まれ、A型、千葉県船橋市出身、
第1次追加メンバーで2000年4月に卒業された市井紗耶香さんの事ですか?」

97 :名無し募集中。。。:03/09/26 00:00 ID:Oz+BQsGK
ちがうよ

98 :名無し募集中。。。:03/09/26 07:02 ID:0u8V6tLG
「そ、そんな馬鹿な!」紺野は落胆のあまり膝をついた。横断歩道の青信号が点滅しはじめる。

99 :名無し募集中。。。 :03/09/26 09:40 ID:Tqacjesk
その時、紺野の携帯が鳴った。「紺野ちゃんれすか。さっきはごめんなのれす・・・」

100 :名無し募集中。。。:03/09/26 17:11 ID:DUXevqys
「それはもういいです!それより、今から戻るので、メンバー全員集めてください!」

101 :プレミアムU:03/09/26 17:53 ID:aHmbowCh
「わかったのれす。」辻がそう言ったのを聞いたあと、携帯を切った。

102 :名無し募集中。。。 :03/09/26 18:02 ID:Tqacjesk
携帯を握りしめながら、紺野は古傷が疼くのを感じた。「嫌な予感がする・・・」

103 :名無し募集中。。。:03/09/26 18:04 ID:NoAMaWh6
一方、その頃メンバーを集める為に奔走する辻は…

104 :名無し募集中。。。:03/09/26 18:21 ID:WhgEk2Uy
( ´D`)<地震で足止め喰らったのれす

105 :名無し募集中。。。:03/09/26 19:35 ID:/WDVbzqp
辻が必死で集合を呼びかけるも、初期メンは安否確認のために携帯と格闘中で、それどころではなさそうだ。

106 :名無し:03/09/26 20:53 ID:4UQLjnVC
辻は紺野の携帯にかけ、全員揃うのは難しいことを伝えた。

107 :名無し募集中。。。:03/09/26 21:03 ID:ibBcJ5Dd
辻は遺憾の意を表明した

108 :名無し募集中。。。 :03/09/26 21:10 ID:wzdEkg9Q
辻はコスモを最大限まで高め、ついにあの最大奥義を空に向けはなった。

109 :名無し募集中。。。:03/09/26 21:34 ID:sey/Fz1h
しかしなにもおこらなかった

110 :プレミアムU:03/09/26 21:58 ID:4UQLjnVC
仕方なく、メンバーを集めるため再び集合を呼びかけた。

111 :名無し募集中。。。:03/09/26 22:27 ID:Y+edXX2X
それは徒労に過ぎないことはわかっていた。しばらく時間を潰すことにした。

112 :名無し募集中。。。:03/09/26 22:52 ID:DUXevqys
辻は最近手に入れたゲームボーイアドバンスSPに手を伸ばした。

113 :名無し募集中。。。:03/09/26 23:28 ID:XsJWGnQS
メトロイドおもろいド

114 :名無し募集中。。。:03/09/26 23:58 ID:f4jDPNNe
「のの〜、どしたの?集合なんかかけて。」安倍がやってきた。

115 :名無し募集中。。。 :03/09/27 00:15 ID:hI+Zipim
トランクケースに入っている亀井を道重が連れてきた。

116 :さゆこんこん:03/09/27 00:34 ID:Au6vduSr
 代わりに生きたままバラバラに解体した矢口をそのトランクに詰め込んだ。

117 :名無し募集中。。。:03/09/27 01:06 ID:IEQjdZBX
私のアリバイは崩せない。あとは誰に罪をかぶせるかが問題だった…紺野しかいなかった

118 :さゆこんこん:03/09/27 01:14 ID:Au6vduSr
 しかし哀しいかな、道重の頭ではその術は何も浮かばなかった。

119 :名無し募集中。。。:03/09/27 01:25 ID:QIIHCuC7
とにかく、脱ぐのだ。そして、スカトロを極めるのだ。。。と、固く誓うのだった。

120 :名無し募集中。。。:03/09/27 01:27 ID:bMKrz0aK
全てが面倒になった辻は結局ファミレスでチョコレートパフェを食べることにしたのだった。

121 :名無し募集中。。。:03/09/27 01:28 ID:574HVM89
ファミレスに向かおうとする辻。そこへ「私を置いていくのですか?」と紺野がすがりついた。

122 :名無し募集中。。。 :03/09/27 01:37 ID:ynukY0NV
チョコレートパフェをたいらげた次にマロンパフェをほおばる辻は、ふと紺野にあげた爪切りの事を思い出した。

123 :名無し募集中。。。:03/09/27 03:43 ID:QiiEeYns
忘れろ忘れろ…辻は自分にそう言い聞かせるとレアチーズケーキに手を伸ばした

124 :名無し募集中。。。:03/09/27 05:58 ID:fN3N71ZU
だが、紺野にも妥協する気持ちは毛頭ない。白玉あんみつ特盛りを注文すると、
ガムシャラにそれを食い始めた。

125 :名無し募集中。。。:03/09/27 10:42 ID:4m10sT6x
白玉もとうとう残り1つになった時、紺野は決心した。

126 :名無し募集中。。。:03/09/27 11:26 ID:I+rmN84l
脱退しよう・・・

127 :さゆこんこん:03/09/27 15:36 ID:Au6vduSr
 一方、生きたまま解体されてトランクに詰め込まれた矢口は・・・まだまだ余裕で生きていた。

128 :ゆうすけ:03/09/27 16:12 ID:Pb5AqKCP
東北を制した新垣は30万の鉄騎をもって
東京奪還をもくろむ。

129 :名無し募集中。。。 :03/09/27 16:15 ID:Pb5AqKCP
一方、首都防衛司令官はあやや
福司令官はミキティだった。
だが防衛軍はたった5万しかいない。

130 :名無し募集中。。。 :03/09/27 16:16 ID:Pb5AqKCP
はたしてあやみきは新垣の大軍から首都を守れるのか?

131 :名無し募集中。。。:03/09/27 17:38 ID:XGHIL+rq
薄暗いコックピットの中で、愛機『カゴック P-カスタム』との神経接続を終えた加護亜依は、昂ぶる緊張を抑えながら一人出撃の時を待っていた

132 :名無し募集中。。。:03/09/27 17:47 ID:/hFv5TG2
カゴックへの命令が届く。その内容は”自爆せよ”

133 :名無し募集中。。。:03/09/27 18:47 ID:9TotIktZ
加護「逃げちゃだめだ・・・逃げちゃダメだ・・・逃げちゃダメだぁぁ!!」
加護は震える手を押さえ込み、自爆スイッチへと手を伸ばした。

134 :プレミアムU:03/09/27 18:54 ID:ssaAGYcI
だが、スイッチを押すことはできなかった。

135 :プレミアムU:03/09/27 19:05 ID:ssaAGYcI
カゴックは出撃命令を求めた。「私に行かせてください!お願いします!」

136 :名無し:03/09/27 19:31 ID:ssaAGYcI
司令官は「指令を無視するのか」と言った。
たが、しばらくして、「カゴック、出撃せよ!」と命令した。

137 :名無し募集中。。。:03/09/27 20:43 ID:etKgcg3Q
飛び立った。その瞬間あたりは閃光に包まれたかと思うと、それは熱へと変化した

138 :名無し募集中。。。:03/09/27 20:45 ID:etKgcg3Q
「直撃ッ!?」

139 :名無し募集中。。。:03/09/27 20:47 ID:etKgcg3Q
カゴックを攻撃したのはなんとバラバラになった矢口の両腕から発射されたビームだった

140 :名無し募集中。。。:03/09/27 20:51 ID:etKgcg3Q
「矢口の下半身はまだか!?何!?開発されてないだと?」亀井総帥は道重に問いただした。

141 :名無し募集中。。。:03/09/27 20:53 ID:etKgcg3Q
「偉い人には…」道重の言葉をさえぎり矢口の顔は言った「ジャニにとっくに開発されてますが何か?」

142 :名無し募集中:03/09/28 00:36 ID:EZHcCYwF
「ふあぁ・・・あれぇ?」辻は知らぬ間に浅い眠りに落ちていたようだ。「カゴックかこいいのれす」

143 :名無し募集中。。。:03/09/28 01:15 ID:HczV0Cmx
「ゆめ、れすか・・・」辻がふと目の前を見ると、そこには紺野の置き手紙があった。辻は思い出した。
「ヨッスィ〜と梨華ちゃんとれいなちゃんが放置されたままなのれす。」

144 :名無し募集中。。。:03/09/28 02:20 ID:T6IuayTH
そのころ吉澤は道路の側溝にハマって動けなくなっていた。「俺を助けてくれYO!」

145 :さゆこんこん:03/09/28 02:54 ID:xs70XHIt
 カゴックを撃破したと思われてたバラバラ矢口は・・・実は何も出来ずにトランクの中に詰められたままだった。

146 :さゆこんこん:03/09/28 02:58 ID:xs70XHIt
 バラバラ矢口は全裸にされて穿いていたパンツを押し込まれ口封されていた。

147 :名無し募集中。。。:03/09/28 05:48 ID:Bfea3T3v
「なんだ夢かぁ」石川は荒川の土手で目を覚ますと浅草へと向かった

148 :名無し募集中。。。:03/09/28 05:50 ID:HczV0Cmx
道重はしぶしぶ矢口を組立て直してやったが、何をどう間違えたのか、新しい矢口は165cmぐらいになってしまった。

149 :名無し募集中。。。:03/09/28 06:07 ID:1kcTjE8x
それを吉澤ひとみと名づけた

150 :名無し募集中。。。:03/09/28 06:08 ID:1kcTjE8x
「ブルミーガコチラニムカッテイマス」それが吉澤の第一声だった

151 :名無し募集中。。。:03/09/28 07:36 ID:kyGdVQ0j
「う〜まれってすみませ〜ん」れいなは玉川上水で入水。享年13歳没チ〜ン。

152 :名無し募集中。。。:03/09/28 08:22 ID:HczV0Cmx
しかし、冷徹な頭脳の持ち主であるミキティの目は眼前に起こっている奇跡の矛盾点を見抜いていた。
「矢口さん、ヒザが二つありますよ。」

153 :名無し募集中。。。:03/09/28 08:23 ID:HczV0Cmx
「あっ!」鋭利なツッコミに誰よりも早く反応したのは道重だった。
「新垣さんのパーツと一緒に組んじゃった!」

154 :名無し募集中。。。:03/09/28 08:24 ID:HczV0Cmx
「なんだ、どーりで新垣、出て来ないと思ったよ。」意外な程の冷静さで、
ヒザが二つある矢口が言った。


155 :名無し募集中。。。:03/09/28 08:25 ID:HczV0Cmx
「ってぇことはぁ、お豆ちゃんは今頃・・・」高橋は自らの想像力をフル回転させている。


156 :名無し募集中。。。:03/09/28 08:47 ID:HczV0Cmx
小川の想像力は高橋のそれを凌駕していた。「ドラえもんみたいになってるよね?」

157 :名無し募集中。。。:03/09/28 09:13 ID:L6bByHAB
喪服の飯田だけがれいなを弔った。あとついでにバケラッタ!

158 :名無し募集中。。。 :03/09/28 11:13 ID:ZkrUNelc
でぶはモー娘にいらねーんだよ

159 :名無し募集中。。。 :03/09/28 11:13 ID:ZkrUNelc
加護を罵倒する辻

160 :名無し募集中。。。 :03/09/28 11:14 ID:ZkrUNelc
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
この豚

161 :名無し募集中。。。 :03/09/28 11:15 ID:ZkrUNelc
罵倒は止まらない

162 :名無し募集中。。。:03/09/28 11:29 ID:mUv9qKKq
「最早汝らは終わりだ」

163 :名無し募集中。。。:03/09/28 11:34 ID:mUv9qKKq
「未来永劫我が影の下に跪き、この呪われた土地にしがみついて生命を終える資格は無い」

164 :名無し募集中。。。:03/09/28 11:40 ID:mUv9qKKq
「汝らは喜びと供もに朝日の昇るを目する事叶わず、安堵と共に夕日の沈むを目する事無し」

165 :名無し募集中。。。:03/09/28 11:43 ID:mUv9qKKq
「これより汝らは暗黒の中に生き、暗黒の中に死す…」

166 :名無し募集中。。。:03/09/28 11:45 ID:mUv9qKKq
「哀れな土塊共、我が身の不運を嘆くがいい」

167 :名無し募集中。。。:03/09/28 11:47 ID:mUv9qKKq
「絶望が汝らの糧となり、死が汝らの安らぎとなる」

168 :名無し募集中。。。 :03/09/28 12:11 ID:ZkrUNelc
/ /  // / イ / / /  | /|  |  | i 丶
    / /   //  i`/l/ l /   ! ト、/| l l |l  l,
    / /  /_,.-‐!/ {  l/  / ___},/` l l li |l  l      
   / /! ,イ                | l |l |l  l       
   |  | / |  ━┳      ━┳   ! | |l |l  | 真希ちゃん。
   |  | l |                  ! | |li |l.  |      
   l  | | |              し | | |l | |l  |      
   l,イ | ll |、              | | |l ! |l |
    |l | | |.| !|;ヽ    ○       ノ j | |l l |l |    
    ヽ.ヾ | i l i ヽ、      _, ィi|  | | ||  i} }iリ  



169 :名無し募集中。。。 :03/09/28 12:12 ID:ZkrUNelc
藤本の後藤への思いは募るばかり

170 :名無し募集中。。。:03/09/28 16:29 ID:VV69OmKy
一方の後藤は弟の借金の返済に追われてた

171 :名無し募集中。。。:03/09/28 19:25 ID:5YsogFwr
後藤は思った。「同じ奴が連続で書くなよ」と。

172 :名無し募集中。。。 :03/09/28 20:37 ID:k9M6chca
石川はザオリクをとなえた。田中は生き返った!!

173 :名無し募集チュッ:03/09/29 03:43 ID:pibg/AP5
「ふん、余計なこつばしよって」言い放ちながら頬染めるれいなに梨華は

174 :名無し募集中。。。:03/09/29 04:24 ID:nIcK09/P
焼きそばの仕込みをしていた。

175 :名無し募集中。。。:03/09/29 05:25 ID:NpZ34DLP
しかしあおのりが切れていた

176 :名無し募集中。。。:03/09/29 08:18 ID:IJcyb0ma
しょうがないからワサビの粉末を代用として使った。

177 :名無し募集中。。。:03/09/29 12:04 ID:IpsavMjM
「ハイッ、お待たせ〜!みんなおなか減ったでしょ!焼きそばを作りましたよ〜!」

178 :名無し募集中。。。:03/09/29 12:29 ID:WzLGLhNA
その焼きそばはトイレの匂いがした。

179 :さゆこんこん:03/09/29 12:44 ID:eET0QjUn
 ついでに麺もくっついて束になってる所も多々あった。ソースが固まって黒いしみになっている所もある。

180 :名無し募集中。。。:03/09/29 17:05 ID:NpZ34DLP
辻はこの焼きそばを見て激怒した「紅しょうががのってないのれす!」

181 :名無し募集中。。。:03/09/29 17:25 ID:IJcyb0ma
「えっ、いれてあるよ。」石川は麺を炒めている段階でそれを入れたのだった。

182 :名無し募集中。。。:03/09/29 18:25 ID:j+NxwRT6
そう言われて丹念に焼きそばの中を探すと、黒焦げになった紅しょうがだったであろう物体が出てくる…

183 :名無し募集中。。。 :03/09/29 18:37 ID:kQoLmIyI
そこへ泥酔した中澤裕子が来た。「石川、気がきくわー。」やきそばをおもむろに口の中に入れた。

184 :名無し募集中。。。:03/09/29 20:14 ID:NpZ34DLP
石川「ニヤリ・・・」

185 :プレミアムU:03/09/29 20:31 ID:k1DpkE7V
だが中澤はすぐ好言い放った。「まずっ、何これあんたこんなの食わせるの!」

186 :名無し募集中。。。:03/09/29 21:43 ID:t+xJzoVj
「そんな筈は・・・」石川が憤慨した表情で言う。「だって今日はソースの代わりにイカスミ使ったんですよ?」

187 :173:03/09/30 00:17 ID:vk4l0/Z+
「それでか!!」突然納得する中澤。「毎日食うてんねんな?それで年中その色なんやぁ(断定)!!」

188 :名無し募集中。。。:03/09/30 04:37 ID:inZ1pVay
「そ、それをはやくいってくらさい。」辻は空腹も手伝って既にやきそばをほとんど平らげていた。

189 :さゆこんこん:03/09/30 08:05 ID:alrZmJp8
 そこへ唐突に飯田がやってきておもむろに残りの焼きそば?を味見した。  そのまま強制交信してしまう飯田。

190 :名無し募集中。。。:03/09/30 15:01 ID:1UcwR3c6
焼きそば?を食べ終わると小川は思った・・・

191 :推定名無し:03/09/30 15:06 ID:iMoP0Zfs
「私のポジションは?」

192 :名無し募集中。。。 :03/09/30 16:54 ID:C6Wo7Cvp
その時、空から小川に声がかかった。「麻琴や、麻琴や。」「か、かあさん!?」

193 :名無し募集中。。。:03/09/30 17:12 ID:boKK8LkZ
「貴方に力を授けましょう…。この世界の誰にも負けない力を…。」

194 :名無し募集中。。。:03/09/30 17:16 ID:g4FXNMVq
気づけば小川は緑色の衣裳になっていた。「そう、私は緑・・・”緑の人”!」

195 :名無し募集中。。。:03/09/30 17:21 ID:XbZbYvXM
それに気づいた小川はいちもくさんに走り出した

196 :名無し募集中。。。:03/09/30 20:51 ID:1UcwR3c6
小川はある人を狙っていた、緑の代表格ガチャピンである

197 :名無し募集中。。。:03/09/30 20:53 ID:ixElNkk+
しかし、そんな小川の前に立ち塞がる者が現れた・・・それは・・・

198 :名無し募集中。。。 :03/09/30 22:04 ID:Ic+xrYiO
「》E∀⊇仝α≠!!」 緑四天王の一人、ピッコロ大魔王だった。

199 :名無し募集中:03/09/30 22:43 ID:r7O9bf72
「氏んでもらいMAX!!」小川が叫ぶと、ピッコロ大魔王はあっさり死んでしまった。

200 :名無し募集中。。。:03/09/30 23:32 ID:pUSZCmRs
ピッコロは苦もなく倒した小川だったが・・・あれ?ガチャピンがいない!

201 :名無し募集中。。。:03/10/01 04:56 ID:kb5qtI53
ガチャピンは小川の後ろにいた ガチャピン「フッ甘いな・・・」

202 :名無し募集中。。。:03/10/01 06:42 ID:E0zCq/Ox
小川が後ろを振り向く間もなくガチャピンは叫んだ。「チェーーーーーンジ!!」

203 :さゆこんこん:03/10/01 10:25 ID:ahrndffV
 しかしガチャピンはチェンジに失敗した。小川が振り向いた時には 緑色の不定形なゲル体が足下にあった。

204 :b:03/10/01 10:25 ID:0La1gLeR
自由にスレたてていいです。何かと便利だと思うので
よかったら是非使ってくださいね。

後藤真希板http://jbbs.shitaraba.com/music/6267/
松浦亜弥板http://jbbs.shitaraba.com/music/6275/
安倍なつみ板http://jbbs.shitaraba.com/music/6278/
中澤裕子・安田圭板http://jbbs.shitaraba.com/music/6284/

モーニング娘全般板http://jbbs.shitaraba.com/music/6288/
藤本美貴板http://jbbs.shitaraba.com/music/6272/
高橋愛板http://jbbs.shitaraba.com/music/6280/
石川梨華板http://jbbs.shitaraba.com/music/6279/
加護亜依http://jbbs.shitaraba.com/music/6268/
紺野あさ美板http://jbbs.shitaraba.com/music/6271/
辻希美板http://jbbs.shitaraba.com/music/6270/
小川麻子琴板http://jbbs.shitaraba.com/music/6281/
飯田圭織板http://jbbs.shitaraba.com/music/6276/
矢口真里板http://jbbs.shitaraba.com/music/6277/
亀井絵里板http://jbbs.shitaraba.com/music/6282/
田中れいな板http://jbbs.shitaraba.com/music/6273/
道重さゆみhttp://jbbs.shitaraba.com/music/6283/

ハロープロジェクト全般板http://jbbs.shitaraba.com/music/6287/
カントリー娘板http://jbbs.shitaraba.com/music/6285/
メロン記念日板http://jbbs.shitaraba.com/music/6286/



205 :名無し募集中。。。 :03/10/01 12:17 ID:jo+RJYt6
「小川麻子琴板って何だろう?」ゲル体を眺めつつ小川は思った。

206 :名無し募集中。。。:03/10/01 14:27 ID:G51y0cOT
小川はゲル体にコシヒカリの苗を20本程植えると、豊かな稔りを祈りながらその場を去った。

207 :名無し募集中。。。:03/10/01 14:42 ID:kb5qtI53
そのころ新垣は鏡で自分の顔を見ながらニヤニヤしてた

208 :名無し募集中。。。:03/10/01 16:12 ID:BYxT3yid
そして低く呟く。「オラ、ドザ、で、最後に”緑の人”。うふっ、うふふふっ・・・」

209 :さゆこんこん:03/10/01 20:33 ID:ahrndffV
 鏡がそんな新垣を見て心の一言 「糞ガキ、コネガキ、いつか殺す。」

210 :名無し募集中。。。:03/10/02 04:22 ID:uT2pqrPI
とうとう鏡は粉々に砕け散った・・・

211 :ID確認:03/10/02 04:26 ID:2Ke50sgG
恐るべしハイメガマユゲビーム! 新垣は己の力に恐怖した。

212 :さゆこんこん:03/10/02 07:18 ID:FbvmuJVR
 被害は鏡なだけにとどまらない。  虫の居所が悪く鏡ごと新垣を蹴り倒して更に上から乗って踏みつけようと鏡の裏にいた加護ックまでも大破してる。

213 :名無し募集中。。。:03/10/02 07:44 ID:Lbjy7IQA
「おぅ新垣、ジャーキー買いに行くぞ、ちょっとつきあえや。」ドアを開けるなりそう言ったのは田中だった。

214 :名無し募集中。。。:03/10/02 15:48 ID:uT2pqrPI
田中・新垣がジャーキーを買いに行っているころ高橋は悩んでいた・・・

215 :名無し募集中。。。:03/10/02 15:52 ID:Pp9BaohU
「はやく田中を味方にしなきゃ・・・このままじゃピンチやよー・・・」

216 :名無し募集中。。。:03/10/02 16:13 ID:VYYR1WKM
「2ゲット!」と田中は叫んだ。

217 :名無し募集中。。。:03/10/02 16:37 ID:Lbjy7IQA
「田中さんここはコンビニです。」新垣は遠慮がちに困惑の表情を浮かべている。
「100円落ちてたからってスライディングすることないじゃないですか。」

218 :名無し募集中。。。:03/10/02 20:19 ID:uT2pqrPI
田中「体が勝手に・・・」

219 :名無し募集中。。。 :03/10/02 21:53 ID:eqozV+HQ
コンビニの店員は実は、平家みちよだったが2人は気付いてなかった。

220 :名無し募集中。。。 :03/10/02 22:41 ID:KaPvWUsZ
「ふっ・・・。全て計画どうりね。」

221 :名無し募集中。。。:03/10/03 05:17 ID:1jxbpeNI
しかしそのコンビニにはジャーキーが無かった

222 :さゆこんこん:03/10/03 11:00 ID:t4x0NO2f
 犬用ジャーキーならあったのだが。

223 :名無し募集中。。。:03/10/03 15:08 ID:SC67VRdx
田中はそれを買うと、毒味をさせるため新垣に渡した。「犬になったつもりで喰うてみ。」

224 :名無し募集中。。。:03/10/03 15:47 ID:NMkjhdP7
「い、犬ですね。ワンワン!」しかし新垣がなったのは、バター犬だった。

225 :名無し募集中。。。:03/10/03 16:25 ID:bgTeReNP
田中はさっそくコンビニに戻りバターを買い、陰部に塗ってみた。

226 :名無し募集中。。。 :03/10/03 17:12 ID:KIsWsNbS
後藤は聖剣エクスカリバーを握ると
邪神アズマズダバーンに立ち向かっていった。

227 :名無し募集中。。。:03/10/03 17:42 ID:1jxbpeNI
田中がバターを塗るのを影からコッソリ見てる香具師がいた

228 : :03/10/03 17:48 ID:7h/SYlDz
山崎会長である

229 :名無し募集中。。。:03/10/03 22:44 ID:1jxbpeNI
加護はお腹の肉を見ながら考えていた

230 :名無し募集中。。。 :03/10/03 23:18 ID:uaPjAXzx
「何で集合かかってたんだっけ?」

231 :名無し募集中。。。 :03/10/04 04:28 ID:u6jwF+gs
「そうだ!おっぱい星から帰還命令があったんだ!」

232 :名無し募集中。。。:03/10/04 10:26 ID:/4PZ6u0t
加護は激しくムネを揉みしだいた。

233 :名無し募集中。。。:03/10/04 10:39 ID:yNJIdY/v
すると、おっぱい星と通信がつながった。
「おお、あいぼん。今すぐなっちを連れて帰ってくるのじゃ!」

234 :名無し募集中。。。:03/10/04 17:18 ID:P5TvXeyl
「了解!!なっちのおっぱいだけでも持って帰るでぇ!!!」と叫び、さっそく行動に移した。

235 :名無し募集中。。。:03/10/04 17:42 ID:+gHhSyE2
飯田はその交信を傍受していた。

236 :名無し募集中。。。:03/10/06 00:09 ID:fWa6lpNA
飯田の交信は連続30時間にも及んでいる・・・

237 :名無し募集中。。。 :03/10/06 02:55 ID:J/J6xB8H
飯田はよだれを垂らし始めた。そろそろ限界が近い・・・

238 :名無し募集中。。。:03/10/06 12:19 ID:fWa6lpNA
「どうしたの圭織、ボーッとしちゃって。また交信してたんでしょ!」

239 :名無し募集中。。。:03/10/06 16:12 ID:NEEHsVhu
「スィークレット・・・スィークレットォッッ!」

240 :名無し募集中。。。:03/10/06 16:28 ID:Pbv+ah+/
とそこに、安倍を探して加護がやって来た。
「あっ、なっち!ちょっと・・・。」

241 :名無し募集中。。。:03/10/06 17:10 ID:9vbUY9x6
「えっあっ、ちょっと待って…」安倍は飯田の両肩をつかみ、目を閉じて念をこめた。

242 :名無し野郎。:03/10/06 17:13 ID:VdP7RFnP
「ん?なっちに用?」なっちは飯田から加護へ視線を移した。

243 :名無し募集中。。。 :03/10/06 17:13 ID:S194nAy2
・・・そのとき

244 :名無し野郎。:03/10/06 17:14 ID:VdP7RFnP
かぶった…
>>242は無視して

245 :名無し募集中。。。:03/10/06 20:22 ID:hPk1X/EN
緑の覆面が天井から跳び降りてきた!

246 :名無し募集中。。。:03/10/06 23:48 ID:DReD7zZ3
覆面だと思ったそれは、いつぞやの緑のゲル体で
安倍と飯田の頭はあっという間に緑色に染まってしまった。

247 :さゆこんこん:03/10/06 23:54 ID:zAiltRr9
それにしても緑のゲル体、よく生きていたものだ。

248 :名無し募集中。。。:03/10/07 06:52 ID:63W3TEiI
ゲル体に植えられていたコシヒカリは豊作であった。小川はそれを丹念に収穫しながら言った。
「あれぇ、ガチャピン、ちょっと痩せたんじゃない?」

249 :名無し野郎。:03/10/07 09:51 ID:NrHdgsbO
「今年は冷夏だったから…」
ガチャピンはコシヒカリに栄養を吸い取られていた。

250 :名無し募集中。。。:03/10/07 16:44 ID:U4G9ZH78
痩せこけたガチャピンを見つめる小川。「私もコシヒカリで痩せられるかも・・・」

251 :名無し野郎。:03/10/07 17:40 ID:wjdkHDCN
そうこうしているうちに、安倍と飯田のおっぱいがゲル体によってしぼんでいた。

252 :名無し募集中。。。:03/10/07 17:51 ID:gVFqsFNP
しかし加護の脂肪だけは萎まなかった

253 :名無し募集中。。。:03/10/07 23:13 ID:o2795HtF
「まこっちゃん・・・」「加護さん・・・」共通の目標を持つ二人の心にはいつしか友情が芽生えていた。

254 :名無し募集中。。。:03/10/07 23:34 ID:JPXbGL1u
「加護さん、コシヒカリで痩せましょう!」「なんでやねん」

255 :さゆこんこん:03/10/08 05:03 ID:4uqIOj5o
 ズゴック・・・違った、加護が小川に逆水平打ちツッコミを入れてたその頃、道重はまだ矢口の修理のまっ最中だった。

256 :名無し募集中。。。:03/10/08 05:31 ID:HXEsTXSO
道重「ナノマシンも搭載しないと、これで月光蝶が使えるわ・・・」

257 : :03/10/08 05:33 ID:g0SY7fYb
http://satellite.esenden.com/ranking/ranklink.cgi?id=groovy

258 :さゆこんこん:03/10/08 06:33 ID:4uqIOj5o
 ナノマシンを組み込み矢口の高機能化高性能化は成功した。  しかし、どこをどう間違ったのか本体だけでも全高50mに達してしまった。

259 :名無し募集中。。。:03/10/08 10:45 ID:36fhATkT
「セクシービーーーーーム!」矢口はひとまず得意のやつを放った。

260 :名無し募集中。。。:03/10/08 13:45 ID:q7OTktxn
黒焦げになる安倍、飯田、加護、小川の4人。

261 :名無し野郎。:03/10/08 14:52 ID:EI4oTvU8
しかし黒焦げになっていたのは、ゲル体であるガチャンピンだった…。

262 :  :03/10/08 15:04 ID:o32m544y
と同時にせっかく収穫したコシヒカリも黒焦げになってしまい、小川は怒った。「お米さんたちの復讐だ!!」

263 :名無し募集中。。。 :03/10/08 19:17 ID:xawk76PW
こうして第1次お米大戦が幕を開けた……

264 :名無し募集中。。。:03/10/08 19:32 ID:oZSHK1zq
小川に賛同したのは、同じく黒焦げになった安倍、飯田、加護。
そして、安倍と加護を呼び戻そうとしていた『おっぱい星』の面々。

265 :名無し募集中。。。 :03/10/08 21:08 ID:mTx09Mf5
一方、道重の仲間は、6期つながりで、田中、亀井。そして高起動型矢口。


266 :名無し募集中。。。:03/10/08 21:23 ID:HXEsTXSO
しかも道重は裏で新垣と紺野と手を結んでいたそして新垣の財力と紺野の頭脳の利用して秘密兵器を開発していた

267 :名無し募集中。。。:03/10/08 21:36 ID:yw/oDEKA
口火を切ったのは6期の精鋭亀井。恵まれた身体能力と矢口の支援射撃のもとに
加護が守る敵左翼に激しく迫った。

268 :さゆこんこん:03/10/08 23:50 ID:4uqIOj5o
 矢口の援護射撃はシャレにならない。  着ければ最大全高400mに達するユニットしょったツインタワー・モードから撃ち出すは疑似超新星爆発を起こすバスターランチャー。  同時に得意なのまで撃っている。

269 :名無し募集中。。。:03/10/09 00:02 ID:jGqtuYVl
カゴックはまたも粉砕されてしまった。

270 :名無し募集中。。。 :03/10/09 00:08 ID:PEb+MIOO
それを見た小川は、秘密兵器「哀☆戦士」を起動させた。

271 :名無し募集中。。。:03/10/09 00:33 ID:jGqtuYVl
「哀☆戦士」は完全に無視されている!

272 :さゆこんこん:03/10/09 01:45 ID:grn9Qn1u
 紺野博士開発秘密兵器第一弾ブラックホール砲完成。しかし実戦投入は無かった。  輸送してたのはニィハムだったからだ。 「ニ゛ィ(ぷち☆)」  ・・・合掌

273 :名無し募集中。。。:03/10/09 10:19 ID:cFkMlL0A
カゴック粉砕後のフォローに飯田が回った。対峙する飯田と亀井。

274 :名無し募集中。。。:03/10/09 13:24 ID:KZQzn6Ej
「何かまたバカな事やってるね…」中立派のメンバー達(石川・吉澤・辻・藤本)は、石川の作った焼きそばを食べながら戦いの行方を冷ややかに見ている

275 :名無し募集中。。。:03/10/09 15:11 ID:Ccdd1/Ld
ドタッドタッドタッ!そこへ小川と安倍が入って来た。

276 :名無し募集中。。。:03/10/09 17:08 ID:tIquwyUJ
「我が軍はあなた達の力を欲している。」そう言いながらも二人は勝手に焼きそばに箸をのばしていた。

277 :名無し募集中。。。 :03/10/09 17:12 ID:cFkMlL0A
反対の入り口からは、道重と田中が入ってくる。「わが軍に入れば今の給料の2倍を保証しよう。」

278 :名無し募集中。。。:03/10/09 17:23 ID:Ccdd1/Ld
石川、吉澤、辻、藤本、小川、安倍、道重、田中。8人の焼きそばパーティーが始まったのだ!

279 :名無し募集中。。。:03/10/09 18:18 ID:abVMg3xM
加護は包囲網を脱出しようとした。

280 :名無し募集中。。。 :03/10/09 18:21 ID:abVMg3xM
だがそこには後藤が新兵器ゴトーガンダムと
ともに待ち構えていた。

281 :名無し募集中。。。 :03/10/09 18:22 ID:abVMg3xM
後藤さん見逃して
加護は哀願した。


282 :名無し募集中。。。 :03/10/09 18:23 ID:abVMg3xM
だが後藤は容赦なく襲いかかる

283 :名無し募集中。。。:03/10/09 18:25 ID:EpLY8Ej6
加護「チィ」

284 :名無し募集中。。。:03/10/10 00:42 ID:NACeOZp+
後藤「ンァ〜」

285 :さゆこんこん:03/10/10 01:24 ID:YHcXZG5t
 一方、焼きそば組。 「道重、こらー!オイラの体をなんて物にしてくれたんだぁ〜!」  ツインタワーを降ろして長大なクラッシャーブレード片手に全高50mの巨大矢口が乱入して来た。

286 :予想以上に面白い話になってる:03/10/10 02:07 ID:An9Izb71
道重のリミッターが解除された。「しゃぼんだまぁぁぁぁーーー!!!」絶対的最終奥義『シャボン玉』が繰り出された。半径3センチが草木も生えない荒野となった。

287 :名無し募集中。。。 :03/10/10 11:39 ID:EIl73RLm
幸い半径3センチに誰もいなかった。「しゃぼんだまぁぁぁぁーーー!!!」の雄叫びだけが宙に浮いてしまった道重を、さめた目で見つめる藤本。

288 :名無し募集中。。。:03/10/10 12:49 ID:xSot2K3k
「みきてぃ。やきそばだべないんだったら、ののがもらうのれす」と言い、辻が
藤本の皿に箸を伸ばした。

289 :名無し募集中。。。:03/10/10 14:28 ID:MikPQsFE
一方、戦場では取り残された亀井飯田二人の電波交信による馴れ合いが続いていた。
「私達ほったらかしてみんなどこ行ったのかしら?」「はいっ☆」「お米大戦って何なの?」「はいっ☆」

290 :名無し募集中。。。:03/10/10 20:22 ID:3LJxrZRz
その時戦場に一人の天使が舞い降りた・・・

291 :名無し募集中。。。 :03/10/10 21:04 ID:eoRUqWio
「こんばんは、松浦亜弥でーす。」

292 :名無し募集中。。。:03/10/10 22:35 ID:vj0p0/bP
「あっ、あやちゃ〜ん!こっちこっち!」松浦が振り返ると藤本が手招きしている。

293 :さゆこんこん:03/10/11 00:00 ID:kBi4ZVux
 やぐさゆ巨大ロボ漫才コンビは・・・ 「子供には笑われる、男には逃げられる、 キモヲタと基地外には仲間に思われる、 ロクな事ないんだぞ。 オイラを元に戻せー!ばかーっ!」  クラッシャーブレードを振り回しながらキレてる矢口。

294 :名無し募集中。。。:03/10/11 00:20 ID:Gq1BnG5l
そのころ飯田のサイコウエーブが石川のう○こと共鳴をおこし、負の質量を生成。
電子レベルでの宇宙崩壊の危機が迫っていた。

295 :名無し募集中。。。:03/10/11 06:58 ID:67O/aVlH
そこにトイレ帰りの紺野が入ってきた。「石川さぁん、自分のぐらい流しといて下さいよぉ〜・・・」
「あっ!ゴメン、忘れちゃったぁ〜。」宇宙を崩壊の危機から救ったのはやはり紺野であった。
「なんのはなしれすか?」「ん?いいのいいの。」

296 :名無し募集中。。。:03/10/11 17:57 ID:jBqURqO5
戦いの後みんなで石川の焼きそばを食べた

297 :名無し募集中。。。:03/10/11 18:24 ID:7nCioOV6
そして「石川さんはキモイから近づかないでください」と紺野は言った。

298 :さゆこんこん:03/10/11 23:14 ID:kBi4ZVux
 化け物モーターヘッド「錨は巻き上げられ矢口の時代が来る」は・・・  道重が美貴帝を巻き込んで修理し元のサイズに戻ってた。

299 :名無し募集中。。。:03/10/11 23:18 ID:67O/aVlH
「そんなこと言う子には焼きそばあげないもんね〜」怒りを内に秘めた石川の顔色はドス黒かった。

300 :さゆこんこん:03/10/11 23:21 ID:kBi4ZVux
 「やっぱりいつものこの体が一番だよ。」  矢口は気付いてなかった。猫耳と猫尻尾をつけられてた事を。  美貴帝のしわざである。

301 :名無し募集中。。。 :03/10/12 00:45 ID:US8iySQ+
猫コス矢口の元に四十九人のヲタが集合した。

302 :名無し募集中。。。 :03/10/12 01:21 ID:VtRoLUUf
彼らの九十八の瞳は獲物を狩るライオンのような瞳であった。

303 :名無し募集中。。。 :03/10/12 01:25 ID:+hybrPsV
しかし、それに対抗するべく政府(ハロモニスタッフ)が創り出した兵器があった。それこそ最終メカコンコン「紺野猫式無理です。にゃ〜」であった。

304 :さゆこんこん:03/10/12 02:19 ID:98maVuui
 それを見た当の本物紺野は呆れて&恥ずかしくてフリーズした。  そんな紺野の体をさりげなく&しっかりとお触りする美貴帝。 ブラの下にまで手を突っ込んでる。  後日談によると採寸してたらしい。

305 :名無し募集中。。。:03/10/12 02:51 ID:6An/Jgj6
そんな頼り無い紺野を援けるべく8人の娘。達が集った。彼女等は「仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌」それぞれの
宿星のもとに自分が生まれたと思い込んでいる始末の悪い集団であった。

306 :名無し募集中。。。:03/10/12 13:37 ID:wtBvOSYt
紺野「なんだよこいつ等まじうぜぇ」と心の中で思った

307 :さゆこんこん:03/10/12 13:53 ID:98maVuui
 美貴帝はこの場から紺野と矢口を離そうと考えた。  紺野は怪力ののに抱えて持ち去らせて問題は猫矢口。  美貴帝は矢口の視界の中でネコジャラシを振り降出した。 「や〜ぐやぐやぐやぐやぐやぐ♪」

308 :名無し募集中。。。:03/10/12 20:48 ID:OMgQLH7M
その時何故かオルフェノクとなった高橋が乱入してくる。「何のオルフェノクなのかは、ふれて欲しくないやよー。」

309 :常駐糞コテさゆこんこん:03/10/12 21:22 ID:98maVuui
 しかし高橋に気付いた者はいなかった。  紺野は既に辻に持ち去られ美貴帝と猫矢口は・・・  「や〜ぐやぐやぐやぐ」 「人を猫扱いにする・・・にゃあ♪」  思わず猫化した矢口。ネコジャラシに戯れ付きながら美貴帝と立ち去った。

310 :名無し募集中。。。 :03/10/12 23:42 ID:US8iySQ+
そのころ、亀井と飯田の電波合戦も佳境を迎えようとしていた。

311 :名無し募集中。。。:03/10/13 00:57 ID:xozh5MeT
ノノ*^ー^)<jhsヅygゆtcv hytらbクイオbdyンg>川(゜〜゜‖

312 :名無し募集中。。。:03/10/13 01:55 ID:2o8yjyHE
亀井「ファンの誰かと2人で夜のホノルルへ繰り出していく所見たっちゅーねん。」飯田「ンなことしてないっちゅーねん。」
「確かに見たっ!ちゅーねん。」「だからンなことしてないっ!ちゅーねん。」

313 :名無し募集中。。。 :03/10/13 13:06 ID:JLJA6T41
安倍紺野吉澤加護小川達はデブ同盟を結成した。

314 :無し募集中。。。 :03/10/13 13:08 ID:JLJA6T41
それに対抗して後藤松浦藤本石川辻は美少女同盟を結成した。

315 :名無し募集中。。。 :03/10/13 13:11 ID:JLJA6T41
さらに対抗して高橋道重亀井飯田矢口はラブリー同盟を結成した。

316 :無し募集中。。。 :03/10/13 13:13 ID:JLJA6T41
ハロプロ三国志時代がはじまった。

317 :名無し募集中。。。:03/10/13 13:23 ID:uy8j7R7E
「フッ、仕組まれているとも知らずに…。バカな奴等ちゃね…。」「精々互いに潰し合ってくれれば良いニィ…。」漁夫の利を狙って裏で暗躍する田中と新垣。

318 :インターミッション:03/10/13 15:11 ID:JN1U8cXb
 違うヲタが入って来てここも糞スレになって来たな。  ここももう駄目ぽ

319 :名無し募集中。。。 :03/10/13 18:23 ID:H6SbIKv1
と嘲笑するアヤカ

320 :名無し募集中。。。:03/10/13 21:17 ID:8CAd9Cw4
なんだか訳が分からなくなってきたのでモー娘。全員で会議を開くことにした、議題は

321 :名無し募集中。。。:03/10/13 21:33 ID:7IofA4Ah
おかめ納豆を美味しく食べる方法であった。先陣を切って発言したのは

322 :さゆこんこん:03/10/13 22:12 ID:JN1U8cXb
 猫化が解けない猫耳矢口だった。

323 :名無し募集中。。。:03/10/13 22:29 ID:1qeHFefx
「とにかくよくかき混ぜて十分に空気を含ませることニャー。鰹節を入れれば最強ニャー」

324 :名無し募集中。。。:03/10/13 22:59 ID:urznum1i
从 `,_っ´)<笑う犬が始まるのに猫化したままではヤバか、矢口シャンの呪いを解かんと!
これでも食らえ「明太子セントーン!!!」孤軍奮闘の田中。と、そこへ
「助太刀するわ」
現れたのはハロプロ一の

325 :めぐみ:03/10/13 23:28 ID:zfkrsJgc
http://elife.fam.cx/a013/

326 :名無し募集中。。。:03/10/14 02:18 ID:tEkaVIlF
第7期メンバーの「めぐみ」だった。めぐみはアドレスを貼った。

327 :名無し募集中。。。:03/10/14 03:30 ID:jiGmdi7C
ttp://ichigyoude-sumasero.uze

328 :名無し募集中。。。:03/10/14 05:07 ID:ZHR9MeFm
しかし誰も見なかった

329 :名無し募集中。。。:03/10/14 14:49 ID:ZLhoPVB2
れいな「私は、あんなアドレスよりも矢口さんのオッパイが見たいの!」

れいなは、頬を少し赤らめながら震える手で矢口のブラのホックに手をかけた…

330 : :03/10/14 15:15 ID:Srq9Aece
その時!

331 :さゆこんこん:03/10/14 15:16 ID:9OlvQfoL
「かけるなぁ!って、あ、戻った・・・(猫耳触って)戻ってなーい(〜T◇T)」  そんな矢口の猫尻尾に美貴帝は雑巾搾りをかけた。  尻尾は猫の体で最も神経が集中している場所。だからつまり・・・

332 :名無し募集中。。。:03/10/14 15:31 ID:h/x9+YZY
れいなの手は震えていたが、片手で苦もなくホックをはずしてしまった。齢13にしてこの手捌き…
矢口は身も心もれいなに傾いてゆく自分に対して為す術を知らなかった。

333 : :03/10/14 15:33 ID:Srq9Aece
(〜`◇´)<ふぎゃ〜〜〜〜〜!!!!!!!

( `◇´)<・・・・・・あれ?

334 :名無し募集中。。。:03/10/14 15:53 ID:hFWYEb0s
納豆うまい

335 :さゆこんこん:03/10/14 16:19 ID:9OlvQfoL
 どうやら猫耳と尻尾に仕込まれたナノマシンの効果が切れたらしい。  自分がした事に悪びれず爆笑しながら猫耳と尻尾を外してやる美貴帝。

336 : :03/10/14 17:02 ID:X/SbHJno
その横で亀井はバグバグ納豆を食べていた

337 :さゆこんこん:03/10/14 17:49 ID:9OlvQfoL
 矢口はとっさに亀井から納豆を取り上げて 「水戸納豆ボンバー!!   あれっ?」  見事に小川に誤爆。小川は全身ベトベトのヌトヌトになった。  圭織や石川や紺野ならともかく小川がそんな姿になってもイロっぽくもエロくもなんともない。

338 :名無し募集中。。。:03/10/14 17:58 ID:ZLhoPVB2
紺野は、亀井の食べてる納豆のネバネバを潤んだ瞳で見ていた。

紺野「私、どうしちゃったんだろう…」

紺野は、あの日の事を思い出していた。
そして、亀井に近づいていった…

339 :名無し募集中。。。:03/10/14 21:15 ID:Tgrvpl2A
「えり…」
紺野は、亀井の食べていた納豆を口移しで取ろうとした。
「ちょ、ちょっと紺野さぁ〜ん」
亀井は、必死に抵抗しようとした…

340 :名無し募集中。。。:03/10/14 21:28 ID:ZHR9MeFm
しかし紺野は亀井の腕を押さえて亀井の唇を奪った

341 :さゆこんこん@もうダメぽ.あきらめた:03/10/14 21:29 ID:9OlvQfoL
 しかさ無駄だった。  今は不明だがかつては筋力だけなら5期最強を誇った紺野、6期では相手にならない。  紺野と亀井の唇は重なり合い勢い余って亀井は押し倒され組み敷かれた。

342 :名無し募集中。。。:03/10/14 21:37 ID:DpP4lPwE
「ん、ん〜ん」
紺野は、亀井の口に舌を入れた…
目に涙を浮かべる亀井。

343 :名無し募集中。。。:03/10/14 21:46 ID:ZLhoPVB2
亀井「もう口の中に納豆は残ってませんよぉ〜」
紺野「そんなのどうでもいいの…」

紺野は、亀井のブラウスのボタンを外し始めた…

344 :名無し募集中。。。:03/10/15 00:42 ID:JUXk6VtF
紺野と亀井二人の肉体によって織りなされる愛の物語のかたわらで、
道重は瞬きを忘れたかのようにその光景に見入っていた。

345 :名無し募集中。。。:03/10/15 00:52 ID:K/USdHZz
どうしよう・・・・。
ここを通らなきゃ「おトイレ」に行けないし・・・。
でも見てたらなんか身体が熱くなってく・・・。

道重は無意識に自分の恥部へ手をのばしていた。


346 :名無し募集中。。。 :03/10/15 05:50 ID:PvdirSU5
「あんまりエロ路線走るとピンク板逝けって言われるだろうなあ。」飯田は思った。

347 :名無し募集中。。。:03/10/15 09:29 ID:D6RO5toS
道重が恥部へ手をのばした瞬間!藤本がその手をそっと握った

348 :アムステルダムの番犬:03/10/15 09:40 ID:3MvKgUMv
中島らも 登場。

349 :名無し募集中。。。:03/10/15 10:46 ID:99GEwy5g
通り過ぎていっただけだった・・・

350 :アムステルダムの番犬:03/10/15 11:24 ID:3MvKgUMv
中島らも 再登場。

351 :  :03/10/15 12:21 ID:5t8SF1S/
「中島らもって誰?」

352 :名無し募集中。。。:03/10/15 12:32 ID:99GEwy5g
中島らも 今度はパクられてしまった・・・

353 :名無し募集中。。。:03/10/15 14:03 ID:wp/qUhYH
藤本は亀井の手を振りほどいた。
「何やってんのよ!美貴だって最近覚えたばっかりなのに早すぎだよ!」

美貴は興奮した口調で叫んだ。

354 :名無し募集中:03/10/15 14:47 ID:NSnRHING
らも モー娘に葉っぱの吸い方を教える。

355 :名無し募集中。。。:03/10/15 16:27 ID:D6RO5toS
美貴がやってあげる

356 :名無し募集中。。。:03/10/15 21:05 ID:HdMMOIav
・・・亀井にはあの日藤本がくれた優しいささやきと抱擁をどうしても忘れることが出来なかった。

357 :名無し募集中。。。:03/10/15 21:30 ID:iwhmuzSw
しかし3歩歩いたら忘れてしまった

358 :名無し募集中。。。:03/10/15 21:56 ID:k2amFL7s
・・・私が求めさえすれば、藤本さんもきっと喜んでくれるはず。そしてまたあの日のように・・・

亀井はまだ知らなかった。求めるという行為は程度の差こそあれ、否応なく相手の心に触れる行為であるということを。
大人びたイメージを自らにも課してきた亀井であったが、心の中には未だ多量の無邪気さを飼育している自分に気付くのであった。

359 :多邦ッ訓一:03/10/15 22:57 ID:3MvKgUMv
らも、娘をおかずにオナニー。

360 :名無し募集中。。。:03/10/16 05:11 ID:eEjFfpja
亀井は無意識のうちに藤本の家の前に向っていた

361 :名無し募集中。。。:03/10/16 13:09 ID:a5RdLLGD
えりは、勇気をだして美貴の部屋のベルを押した。
ピンポ〜ン
「はーい、どなたですか〜」
「か、亀井ですぅ〜」
ガチャッ‥
しかし出てきたのは、美貴ではなく亜弥だった…。
「美貴た〜ん、亀井ちゃんが来たよぉ〜」

362 :名無し募集中。。。:03/10/16 14:22 ID:5nbkfwhj
3Pの予感・・・亀井は濡れに濡れた。

363 :名無し募集中。。。:03/10/16 16:16 ID:a5RdLLGD
亜弥「今、お風呂入るとこだったのぉ、えりたんもいっしょにはいろうよぉ〜」
亀井「え、えぇ、は、はい…」
な、なんか胸がドキドキしてきたよぉ〜

えりは、体が熱くなるのを感じていた…

364 :名無し募集中。。。:03/10/16 18:18 ID:5nbkfwhj
「なにかってに美貴の部屋に入ってんのよ。しかも一行じゃないし。」藤本が突っ込む。

365 :名無し募集中。。。:03/10/16 19:11 ID:S4lX6h9G
「まぁまぁいいじゃんミキスケ。固いこと言いっこなしよ♥
一行なんかじゃ収まんないって辻ちゃんも歌ってんだから。さぁ亀井ちゃんも脱いで脱いで!」

366 :名無し募集中。。。:03/10/16 19:46 ID:Y3V8OM8D
「あ、でもわたし・・、でもわたし!」

ファサぁ

!!! そこにはギンギンに勃起した亀井の

367 :名無し募集中。。。:03/10/16 20:11 ID:06XTmWW0
髪の毛があった

368 :名無し募集中。。。:03/10/16 20:55 ID:xiOvwDmQ
「さゆみんのことかぁぁーー!!」亀井の髪は金色に逆立っていた

369 :名無し募集中。。。:03/10/16 23:27 ID:IAggGnae
亜弥「とりあえず3人で洗いっこしようよぉ〜」
美貴「はいはい」
絵里「あ、あ洗いっこって…」

370 :名無し募集中。。。:03/10/16 23:51 ID:DNxkECd6
「や〜ん!」
絵里は、思わず叫んだ。
「絵里たん可愛い〜」
亜弥は、悪戯っぽく言った。

371 :オーちゃん:03/10/17 00:53 ID:TyDGLJ6C
それを盗撮している中嶋らも。それを見つめる田代マサシ。

372 :名無し没収中。。。 :03/10/17 01:03 ID:w4w/NH5c
>>369 >>370 「一行だっつってんだろぉー!!」そして逆上する上島竜兵。

373 :名無し募集中。。。:03/10/17 05:25 ID:02/c1d1f
亜弥が絵里たんの背中洗ってあげる

374 :名無し募集中。。。:03/10/17 07:08 ID:t1wsgD9+
3人とも背丈も体型もさほど違わない。だが亀井は2人の姿に圧倒される思いであった。
「あと3年で、私もこの人達みたいになれるかな?」
亜弥の手による心地よい摩擦を背中に感じながら、亀井の心に去来するのは美しきものへの純粋なる憧れであった。

375 :名無し募集中。。。:03/10/17 11:46 ID:slHwDQ5F
ピンポ〜ン!玄関のチャイムが鳴る。ピンポ、ピンポ、ピンポ〜ン!

376 :俺は忌み名がある:03/10/17 13:55 ID:TyDGLJ6C
ジャニーズの色男たちに犯されていくヤリマン娘。たち

377 :名無し募集中。。。:03/10/17 15:50 ID:rYOudHfN
間一髪、石破防衛庁長官の指示で陸上自衛隊がジャニーズ達を強制排除w

378 :>>374から場面転換:03/10/17 16:00 ID:cZPuO8ar
 その頃、安部なつみの部屋では一部のメンバーが集まってお泊まり会をしていた。 「腹減ったー、ゴハンまだ?」 「なっちママー、ゴハンまだー?♪」  夕食を待ちわびた辻とそれに合わせた飯田が安部に催促してる。

379 :名無し募集中。。。:03/10/17 18:28 ID:slHwDQ5F
栗御飯を炊く安倍。「やっとタイトル通り“秋”らしくなってきたわ。」

380 ::03/10/17 18:39 ID:mcdI8hed
しかし辻はその栗ご飯を食べることなくあの世へ旅立ったのだった…
END

381 :名無し募集中。。。:03/10/17 19:04 ID:4OgbVpeH
と見せかけ、ムシャムシャと栗ご飯を食べ始めた。

382 :名無し募集中。。。:03/10/17 19:53 ID:02/c1d1f
しかし栗は栗でも生栗だった

383 :名無し募集中。。。:03/10/17 21:14 ID:RbdHV1zr
「生栗、栗、くり、クリ…」
近頃、お年頃の辻は急に顔が真っ赤になった。

384 :名無し募集中。。。:03/10/17 21:46 ID:TjZgK8L/
ふと外に人の気配を感じ、窓を開けるとそこには

385 :名無し募集中。。。:03/10/17 23:32 ID:7D0Ltmwq
杉Jがいた!!
「ひゃあ、どうして分かったんだよう!」そう言うと安倍の部屋を突っ切り
夜の帳へと消えていった

386 :名無し募集中。。。:03/10/17 23:58 ID:TjZgK8L/
舞台は変わって夜0時過ぎ、深夜だというのになにやら楽しげな女性2人、、

387 :名無し募集中。。。:03/10/18 00:08 ID:0pWzHVSx
「おーし!もう一軒逝くぞー!」「御意っ!!」稲葉と中澤であった。

388 :名無し募集中。。。:03/10/18 08:02 ID:lCnPJJK5
二人はゲイバーに向かっていた

389 :名無し募集中。。。:03/10/18 19:40 ID:7B//d3Wr
「いらっしゃいませー!」そこには爽やかな笑顔でNO1のゲイになったユウキが!!

390 :名無し募集中。。。:03/10/18 21:03 ID:NbW8E1dT
大喜びでテーブルにつく中澤稲葉の2人。しかしそこにはサングラスをかけた先客が!

391 :さゆこんこん:03/10/18 21:31 ID:q+E+mRu0
 先客はなんとっ、ケメ子とごっちんだった!

392 :名無し募集中。。。:03/10/18 23:28 ID:NbW8E1dT
「なんや、またアンタかい!」中澤は辟易していた。路地裏に吹き寄せられる女とは顔ぶれが決まってきてしまうものらしい。
慣れた手つきで煙草に火をつけた中澤は、自分への諧謔も込めてセピア色の吐息をついた。

393 :名無し募集中。。。:03/10/19 01:29 ID:gYOKcnO6
三人はいつものように他愛もない話をしていると、そこへワインを持ったユウキがやってきた。

394 :名無し募集中。。。:03/10/19 04:31 ID:Lsv8mtcG
「なんと!前世紀に醸造された逸品でございます。」

395 :名無し募集中。。。:03/10/19 13:02 ID:8cqQM/Z8
ラベルには2003年製造と書かれていた

396 :さゆこんこん:03/10/19 14:49 ID:iXQREbex
 それを見て中澤、思わずテーブルをひっくり返す。

397 :名無し募集中。。。:03/10/19 16:34 ID:X2Az0NrL
テーブルに置いてあった氷やらキープボトルやらが向こうのテーブル席まで飛んでいく。なんとそこには!

398 :名無し募集中。。。:03/10/19 18:29 ID:gYOKcnO6
いかにも怖そうな男とその取り巻きが、その男は中澤のいる方へ歩いくると

399 :ドラゴン忍法:03/10/19 19:20 ID:wsEKbF4+
犯される中澤。後ろも前も中出しされる。

400 :名無し募集中。。。:03/10/19 20:16 ID:8cqQM/Z8
けめ子は羨ましそうに観ていた

401 :名無し募集中。。。:03/10/19 21:19 ID:Lsv8mtcG
と思ったら、怖そうな男は実はユウキで、中澤の後ろにも前にも出されていたのは実はツケ出しだった。
「何、ワインのお詫びのつもり?」ケメ子が羨ましそうなのは当然である。

402 :2ちゃんの支配者は・・・・・:03/10/19 22:16 ID:wsEKbF4+
いや中澤は確かに犯されていたと語る某元有名関係者K子。

403 :名無し募集中。。。:03/10/20 04:24 ID:R/brLcxh
「んはっ・・・! アンタなかなかウマいやん・・・・・」
「フッ… 俺も学ぶべき事は学んできましたよ。色々と馬鹿はやったが間抜けじゃなかったってことで…」
「ツケ出し!料理の腕前の話をしとるんやっ!!」

404 :名無し募集中。。。:03/10/20 05:18 ID:WZ2iRE6u
そのこめろ紺野は・・・

405 :名無し募集中。。。:03/10/20 05:19 ID:WZ2iRE6u
すまん

そのころ紺野は・・・

406 :さゆこんこん:03/10/20 10:33 ID:1lDRXAPx
 まだ亀井とヤっていた。当分は亀井を解放する気は無い様だ。

407 :名無し募集中。。。:03/10/20 10:41 ID:1nUVVRyb
紺野は亀井の耳たぶをやさしくかむと、ささやくようにこう言った。

408 :名無し募集中。。。:03/10/20 12:35 ID:JhIgv9nl
(゚д゚)ンマママー

409 :俺はマリックだ:03/10/20 13:46 ID:CnW9MHH5
山崎社長、北朝鮮に拉致される。

410 :名無し募集中。。。:03/10/20 18:59 ID:kuLrAtZn
「つ〜ぎ〜は〜、さんまを焼きま〜〜すっ!」安倍が雄叫んだ。

411 :名無し募集中。。。:03/10/20 21:38 ID:IcFu4mnY
「つ〜ぎ〜は〜、宇宙を愛しま〜〜すっ!」飯田は逝った。

412 :名無し募集中。。。:03/10/20 22:01 ID:Pa5hNJA1
「つ〜ぎ〜は〜、焼きそば作りま〜〜すっ!」「りかちゃん、やきそばのほかになにかできないのれすか?」

413 :名無し募集中。。。:03/10/20 22:14 ID:L7ZBs0u2
「でっ、出来るわよ・・・見てらっしゃい!」変にテンション高まった石川は鍋でジャガイモと玉葱を炒めはじめた。

414 : :03/10/20 22:37 ID:YDW59OG7
しかしカレー粉が無いことに気付く。

415 :名無し募集中。。。:03/10/21 00:01 ID:mfor4BzS
石川は妊婦の格好をした後藤にメールを送信!しカレー粉を買ってくるようたのんだ。

416 :名無し募集中。。。:03/10/21 00:30 ID:OXReHw6u
後藤はちょうど買い物をしているところだった。「奥さん、今日は牡蠣が安いよ。海のミルク!お買い得だよ〜!」
「奥さん!?あ、そうか」妊婦の格好をしているのだからしょうがない。後藤は勧められるまま牡蠣を買った。

417 :名無し募集中。。。:03/10/21 06:02 ID:8XKLA70Z
後藤は携帯を見た

418 :大槻ケンイチ:03/10/21 08:14 ID:9Yb+4E7V
待受け画面には司馬先生(ドラマ・振り返れば奴がいる)。

419 :名無し募集中。。。:03/10/21 13:40 ID:QgB6YQDN
【カレー粉買って来い。】後藤はムッとした。「あのオカチメンコめっ!」

420 :名無し募集中。。。:03/10/21 18:11 ID:8XKLA70Z
後藤は携帯をへし折った

421 :名無し募集中。。。:03/10/21 18:52 ID:Hy6SdXK+
一方モーム巣の部屋ではいつまでたってもカレーが出来てこないので切れた吉澤はパシリの垣さんにカレー粉を買いに行かせた、

422 :名無し募集中。。。:03/10/21 19:25 ID:CRvjZbNi
しかし、いつにたっても新垣が帰ってこない

423 :桜庭散る:03/10/21 19:25 ID:9Yb+4E7V
その頃、小川真琴はプライド参戦の記者会見をしていた。

424 :名無し募集中。。。 :03/10/21 19:27 ID:uXS1LkhU
小川の相手はエメンヤリーコ・ヒョードル。

425 :名無し募集中。。。:03/10/22 15:46 ID:xrcG5AX8
「小川さん今の心境をお願いします。」カレー粉を買いに行ったはずの新垣が質問する。

426 :名無し募集中。。。:03/10/22 16:11 ID:ggSG7liG
小川「おなかすいたなぁ」

427 :ン前入れて緒:03/10/22 19:08 ID:k9u7bOzy
セコンドには小川直也と田村潔。

428 :名無し募集中。。。:03/10/22 19:32 ID:6fU4jjW0
小川「いつなんだときだって誰の挑戦でも受けてやる!」
小川は真鍋にビンタした。

429 :名無し募集中。。。 :03/10/22 20:15 ID:5k6iW1Lw
小川MAKOTO「マコトとヒョードルの試合みたいか?」
真鍋アナ「私は小川まこっちゃんとエメンヤリーコ・ヒョードル選手の
     ノーロープ有刺鉄線電流爆破水上地雷ダブルヘル釘板デスマッチ
     が見たいです。」

430 :名無し募集中。。。 :03/10/22 21:51 ID:/6gPHUnD
藤本サヨナラ犠打を放った。

431 :名無し募集中。。。:03/10/23 00:21 ID:1QBi6KQk
カレー粉が来るまでとりあえず暇な石川は狂喜乱舞した

432 :名無し募集中。。。:03/10/23 13:37 ID:i2y4b4ii
藤本は冷たい目で見ていた

433 :名無し募集中。。。:03/10/23 13:52 ID:6IO7rsy/
待ちきれないでボンカレーを温め始めた辻。「カレー粉が来るまで待ちなっ!」激しく叱咤する藤本。

434 :小川はガチ:03/10/23 17:48 ID:FF+LermK
緊急決定!!WJプロレスが長州力VS藤本美貴のシングルマッチを発表!!それぞれがコメントを・・・・・・!

435 :名無し募集中。。。:03/10/23 18:35 ID:6IO7rsy/
とうとう辻がボンカレーを食べ始めた。それを見た石川と藤本は、

436 :名無し募集中。。。:03/10/23 19:52 ID:hJXdTGaL
「井川を送っとくべきだったんじゃない?」「井川は足が遅いし今岡はバント下手だからしょうがないの。」


437 :名無し募集中。。。 :03/10/23 21:05 ID:3kNv30ul
「小細工したとて勢いだけのチームに若鷹軍団が倒せるわけ無か。」調子に乗っている田中

438 :名無し募集中。。。:03/10/23 22:05 ID:x5GOqmm2
「ふたりともキャッチャーだからなぁ・・・」勝敗なんかどうでもいい吉澤

439 :名無し募集中。。。 :03/10/23 22:14 ID:JqgZetZa
「金本しかおらんのか・・・・・」中澤は嘆いていた。

440 :名無し募集中。。。:03/10/23 22:24 ID:x5GOqmm2
「昔のダイエーのヘルメット知っとる?タカの顔が描いてあったんやで!」と言ってやはり無視される高橋。

441 :名無し募集中。。。:03/10/23 22:58 ID:x5GOqmm2
「やっと野球終わったのかぁ〜。」矢口はカレー粉よりも豊川悦司を待っていた。

442 :名無し募集中。。。:03/10/23 23:13 ID:cQF50QB5
豊川悦司が入ってきた!しかし豊川からはだれも見えなかった、190cm近い身長なので視界にだれもはいらない、

443 :司馬先生:03/10/23 23:29 ID:FF+LermK
どうでもいい話だな・・・。とおもう石井リカ

444 :名無し募集中。。。:03/10/24 11:28 ID:PyOzJmQL
辻、石川、藤本、安倍、飯田がボンカレーを食べ終った頃、新垣がカレー粉を買って帰って来た。「なにボンカレー食べてんですか〜」

445 :名無し募集中。。。:03/10/24 15:48 ID:X2yh7Ex6
新垣「てめーらふざけてんじゃねーぞ!あぁっ」

446 :名無し募集中。。。:03/10/24 18:08 ID:1Vx2xWbX
新垣はコスモを限界まで高めた!

447 :高山芳信:03/10/24 20:24 ID:vm62XVRm
新垣は辻を伝家の宝刀左ミドルで沈めた・・・・。

448 :名無し募集中。。。:03/10/25 08:09 ID:/W0/rT9X
新垣「次はお前だ藤本!食らえペガサス流星拳!」

449 :名無し募集中。。。:03/10/25 10:22 ID:yYajvHwM
「新垣に勝つには、これしかないわ!」
藤本は服を脱いで全裸になった。

450 :彼女募集中:03/10/25 17:43 ID:ydFM1WZy
藤本は股間から高濃度の硫酸を放った!!

451 :名無し募集中。。。:03/10/25 17:59 ID:p6t/rAtL
新垣は興奮している。

452 :名無し募集中。。。 :03/10/25 18:02 ID:g9e/eyQM
新垣は仲間にして欲しそうにこちらを見ている。

453 :名無し募集中。。。:03/10/25 18:22 ID:/W0/rT9X
藤本は新垣の顔面に唾を吐いた

454 :名無し募集中。。。:03/10/25 18:46 ID:yYajvHwM
「美貴の前で服を脱いでそこに土下座しなさいよ!」美貴は、新垣に叫んだ。

455 :名無し募集中。。。:03/10/25 21:57 ID:YqElDAMz
新垣は不思議な踊りを踊った。

456 :名無し募集中。。。:03/10/25 23:32 ID:3sm67OF2
“そろそろあいぼんさんに告る奴が登場しそうだな”
>>483がプレ召喚された

457 :名無し募集中。。。:03/10/26 13:17 ID:hiV/BmZZ
失敗した

458 :名無し募集中。。。:03/10/26 13:43 ID:wj8Z/EZf
仕方なく新垣は、服を脱いで真っ裸になった!

459 :これから後コン:03/10/26 14:27 ID:icb3vCr0
今、白日の下に晒される豆乳!!

460 :名無し募集中。。。 :03/10/26 16:27 ID:A7YnU8mO
「セクシーお豆ビーム!!」禁断の合わせ技が発動した。

461 :これから香港:03/10/26 17:30 ID:GhP/J+uL
藤本の体中に謎の湿疹が

462 :名無し募集中。。。:03/10/26 20:18 ID:jWrzxtjt
「きゃあああぁああっ!」「これは…帯状疱疹…っ!」安倍が息を呑んだ。

463 :さゆこんこん:03/10/26 21:15 ID:to+pJLVi
 美貴帝は音速で逃げ去った。

464 :名無し募集中。。。:03/10/26 22:27 ID:hiV/BmZZ
新垣は力尽きた

465 :名無し募集中。。。 :03/10/26 22:31 ID:hbNS/aS/
その時、辻がタイミング良く失禁した。

466 :名無し募集中。。。:03/10/26 22:51 ID:wj8Z/EZf
辻は、汚れてしまった服を洗濯するために裸になった。

467 :名無し募集中。。。:03/10/26 22:54 ID:VEpglYzw
そして裸で名古屋駅周辺を歩行した。

468 :川σ_σ||ノ<栃木のみんな〜in山形:03/10/27 00:45 ID:msxTUmKO
あげくに暴言炸裂「ののみはなごやなんかつーかしちゃうのれす」

469 :名無し募集中。。。:03/10/27 16:42 ID:fcNzAooF
その時!

470 :(0^〜^0) ◆6qNnOx71XM :03/10/27 16:53 ID:jDekK5VR
時が逆流したようだ・・・。

471 :名無し募集中。。。:03/10/27 17:06 ID:Tl77r+zT
「はぁ・・・今年のきらら397は凶作なのかしら」

472 :名無し募集中。。。 :03/10/27 19:51 ID:o6oeBeBD
「どうしたの圭織、ボーッとしちゃって。また交信してたんでしょ!」


473 :名無し募集中。。。:03/10/27 22:13 ID:N3ezfqDB
次の瞬間、安倍は息を飲んだ。「なっちさあ、ハサミ貸してよ。」
飯田は左手で自慢のロングヘアーを束ね持つと、右手を安倍に差し伸べた。

474 :名無し募集中。。。 :03/10/28 00:27 ID:UXUVuGnh
「カオリ…嘘でしょ?まさか本当に切る気なの?」安倍は今目の前で起きている光景を受け止める事が出来なかった。

475 :名無し募集中。。。:03/10/28 01:56 ID:dXbEuFKB
「嘘や冗談でこんなこと言わないわ。」安倍を見つめる飯田の瞳は静謐な輝きを湛えていた。

476 :名無し募集中。。。:03/10/28 07:09 ID:FpZod1pk
安倍は次の言葉を紡ぎ出す事ができない。2人の間で凍り付いてしまった空間に、置時計の秒針は静かに時を刻み込んでゆく。

477 :名無し募集中。。。 :03/10/28 12:18 ID:0rCS+A2X
それを衣装箱の間からニヤニヤしながら見つめる亀井。

478 :名無し募集中。。。:03/10/28 18:09 ID:KbpggdAW
その亀井をハァハァしながら見つめる紺野

479 :名無し募集中。。。:03/10/28 18:24 ID:NmsxPdQ5
安倍は「はい、ハサミ」といってずわいがにのハサミをカオリに渡した。

480 :名無し募集中。。。:03/10/28 19:32 ID:sf08BPJ2
「そうそう、このカニはねミソの部分がおいしいの、ってこれカニじゃん!!」飯田のノリつっこみはその場にいる全員の時を止めた。

481 :名無し募集中。。。:03/10/28 23:50 ID:XgvK68iE
「なんか今回は出番が多いな・・・」置時計はいっそう張り切って時を刻む音を響きわたらせてゆく。

482 :名無し募集中。。。:03/10/29 14:23 ID:qFscrC2w
こっそり藤本が入って来て、置時計を手にとる。

483 :名無し募集中。。。:03/10/29 17:22 ID:Z8YJlC/E
そのまま握り潰した

484 :名無し募集中。。。:03/10/29 20:43 ID:Z8f7DCnR
安倍と飯田の間に時間軸のずれが発生した。

485 :さゆこんこん:03/10/29 23:49 ID:BnwRnC2D
 ついでに亀井とこんのの間に空間の歪みが生じた。

486 :名無し募集中。。。:03/10/30 00:53 ID:b2B+2fbc
因果律崩壊の瞬間が近づいていた・・・

487 :名無し募集中。。。:03/10/31 00:21 ID:W5r0Vr1/
そしてゴッドハンドとしてグリフィスが目覚めた……。

488 :名無し募集中。。。:03/10/31 08:38 ID:qqkUwNK6
「圭織、やめて。髪なんて切らないで・・・」歩み寄ってくる安倍に飯田はたじろぎ、思った。
「来ないで・・・今、あなたに肩を掴まれたら・・・アタシは二度と・・・二度となっちを・・・・」

489 :名無し募集中。。。:03/10/31 18:47 ID:m5vfespY
こっそり藤本が入って来て、髪を切る。

490 : :03/10/31 19:08 ID:qi6MQrnq
「ザリザリガニガニザリガニガニ、チョキン」

491 :名無し募集中。。。 :03/10/31 20:06 ID:JE9v6xYv
飯田の髪は弱々しく光を反射させながら、ゆらゆらと地面に落ちていった。気付けば外は雨だった。

492 :名無し募集中。。。:03/10/31 20:57 ID:sZoekoDK
安部「藤本ー!貴様!許さん!」

493 :名無し募集中。。。:03/10/31 21:13 ID:+A2xOOVX
臨界まで高めた安倍のパワーが炸裂した「ラリホー」

494 :さゆこんこん:03/10/31 23:52 ID:dqGFDgDJ
 しかし、眠ったのは圭織とかけた本人の安部だった。
 ついでにいま来たばかりの矢口も見事に眠ってる。

495 :名無し募集中。。。:03/11/01 00:19 ID:kw4Owxt/
そんな寝顔も微笑ましい、そう感じる中澤総隊長。


496 :名無し募集中。。。:03/11/01 00:20 ID:X5/OwVNN
亀井「・・・げる」

497 :さゆこんこん:03/11/01 01:02 ID:SK/u9L9L
 「覚めない夢をあげる。」
 ゆっくりと安部に忍び寄る亀井。飯田の電波を受信してしまっていたのか何か変だ。
「喉が渇く・・・水じゃ駄目なんです。」

498 :名無し募集中。。。:03/11/01 03:21 ID:pADXmjVD
そっと近づいてきた道重に、亀井は<新>水分ヘアパックを渡された。
「さゆ・・・髪の方は間に合ってるわ。でも微妙にタイムリー・・・」

499 :BRで真っ先に死ぬ生徒:03/11/01 14:38 ID:yBZYHAZ8
全員死亡。

500 :てんつめし:03/11/01 21:13 ID:QJKKyRgV
             (    、__            rlii;;;{ヾ=,}
              {_    }`ッ-、-、  、_   ,r=、 `ー、) |!
               (_ ('t__`!.f.、 ; ``!ソ }テ"`! ';ト-- 、}
           ク   └`- `-} ヾ'  ``    !‘.... ν
         ク チ       ヽ ..ノ   .ィ ,.;;;iiii|||||||)
         チ  ュ         `-、/,,!ii||||||||||||||i、_
          ュ              ィii||||||||||||||!!'''" }
           (( ●          `|||||||!'''" _... `;
           _..., /           /|||!'"// _.. ` 、
         _..f ./!、 ● ))      /l||!'/ --==  ̄ /
         _i l_/_. ×         i i|!〃..-- 、、_  /
        (└ィニ、_/- !r;;、       l i!' ,;ii||||||||||||||||iii;ソ
         ×/``ニ`ヾ!||||i;、,,..   ,ィ!ニヾ!!|||||||||||||||||||!'
        / し="   `ーィi|||||i;,、<〃!、ヽ 〉||||||||||||||||/
        / / (/    /|||||||||||||||||ii;;;i、ソ||||||||||||||||/
    /______ヽ
  /           |
(∂|     (●) (●) |
 ヽ|     ""   "" |
   |   ●  ___ ●|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   \    /__/ /  < あっ、あっ、あっ…
   /ヽ       /\   \________







501 :名無し募集中。。。 :03/11/01 21:55 ID:gOrwbWcl
今年は冷夏のまま、秋を迎えることになった。

502 :凶器は袖に隠す主義:03/11/01 23:14 ID:yBZYHAZ8
近い将来UFA倒産。全員失業。


                   完

503 :名無し募集中。。。:03/11/03 03:23 ID:PNXKHMDO
第2部
 「え?お前あいつと付き合ってんの?」「え!!そ、そんなわけねーじゃん!あんなブス!!」編
近日スタート


504 :名無し募集中。。。 :03/11/03 12:33 ID:8MsoWe8J
ここでCM

505 :名無し募集中。。。:03/11/03 13:32 ID:GXk6ZNVU
大雨に打たれながら阪神優勝パレードを見守る石川「AFODだわ」

506 :ぼるじょあ ◆yEbBEcuFOU :03/11/03 13:57 ID:Ejtk5Eju
>
  ∧_∧
 (  ・3・) エェーモラヲタかYO!
 (_⌒ヽ
  ,)ノ` J 

507 :名無し募集中。。。:03/11/04 17:42 ID:ck2wRqxw

飛び散る光の中。田中と亀井は何よりも深い空の闇を眺めていた。

第2部スタート

508 :名無し募集中。。。:03/11/04 20:22 ID:m2mN7y4y
光の束はやがて一つになり、ひとりの少女を照らした。

509 :名無し募集中。。。:03/11/04 22:46 ID:rU0hZrDa
眩い光の中で、新垣は天にも昇るような高揚感を覚えた。「ようやく私にもスポットライトが…もうどうなってもいいや…」
その望み通り、新垣はUFOに吸い上げられ、涯無き漆黒の闇の彼方へ旅立った。

510 :名無し募集中。。。 :03/11/04 22:59 ID:oG26YIaS
矢口は七色に光りながら山の向こうへと消えていきました。

511 :名無しの格闘:03/11/05 03:09 ID:TKWZPsPE
プロレス板から永田さん降臨。
小川にブサイクの膝蹴り。

512 :名無し:03/11/05 17:50 ID:QwR7Ry7g
そして俺は死んだ

513 :名無しシネマ上映中:03/11/05 22:15 ID:hV77cAQV
死んだ男を生き返えさせるために紺野は四国八十八所を逆周りしていた、

514 : :03/11/05 22:21 ID:zSY5PSyj
そして紺野はインドへ赴いた…

515 :名無し募集中。。。 :03/11/05 22:26 ID:i0amWv28
よがふぁいあー

516 :名無し募集中。。。:03/11/06 00:48 ID:wFkHTikn
紺野は修行を経て悟りを開いた「この世は無情だ」

517 :名無し募集中。。。:03/11/06 12:04 ID:GgmuOJ3y
そしてその悟りがこの世になんの益ももたらさない事も悟った。

518 :名無し募集中。。。:03/11/06 12:31 ID:hgWBre40
そんな紺野をこっそり見守る藤本。「そろそろだな・・・」

519 ::03/11/06 14:09 ID:31o/+2xx
プロレス板から永田さん再び降臨。紺野にブサイクの膝蹴り。

520 ::03/11/06 21:33 ID:tC/afFEi
これにキレた紺野は三戦板から武田騎馬軍団を降臨させた!

521 :名無し募集中。。。:03/11/06 23:50 ID:+wXzCZNg
紺野は、怒りで体が熱くなった。
「も〜我慢できない!」
服を脱いで真っ裸になった。

522 :名無し募集中。。。:03/11/06 23:52 ID:XhvfhXmc
スライムが現われた!

523 :名無し募集中。。。:03/11/07 11:55 ID:mQMpv+ta
にんげんになりたい

524 :名無し募集中。。。:03/11/07 16:44 ID:OXfr4ZRx
紺野は変身し始めた。「人間じゃなかったのかよっ!」藤本がつっこむ。

525 : :03/11/07 20:28 ID:WKn7f4on
改造人間・紺野あさ美は、ベルトの風車に風圧を受けると仮面ライダーに変身する…わけがないのだ!

526 :名無し募集中。。。:03/11/07 23:17 ID:KKaukWvo
しかしマンダムをつけるとチャールズ・ブロンソンに変身するのだった。

527 :名無し募集中。。。:03/11/08 00:21 ID:xGaBF5/R
しかしジージャンを着るとジェームス・ディーンに変身するのだった。

528 :名無し募集中。。。:03/11/08 14:42 ID:XlRv6NGa
「2代目、ジェームスディーンみたいな女の子、紺野あさ美!」
紺野が叫んだ途端に後ろから、同じくマンダムとジージャンを身にまとったあの人が…

529 :名無し募集中。。。:03/11/08 15:21 ID:XlRv6NGa
・・吉澤かと思いきやそれは、さらに赤いバンダナにサングラス姿の中澤だった。

530 :名無し募集中。。。:03/11/08 18:06 ID:SW3QtBUE
う〜ん、マンダム

531 :名無し募集中。。。 :03/11/09 02:20 ID:YweVWtxj
中澤は言った。「紺野、今日からお前も地球を守る仮面マンダムの一員だ!!ちなみに色はイエローだ!!」そう言って黄色いマフラーを紺野に渡した。

532 :名無し募集中。。。:03/11/09 02:38 ID:KqZGFZtf
「は…マンダム・イエロー…あのー、他にもマンダムいるんですかっ?」

533 :名無し募集中。。。:03/11/09 18:33 ID:xZfHMKnN
「いるでぇーいるでぇーギョウサンいるでぇー!全部で15人近くいるで!」中澤は隊長だが、全メンバーのことをよく把握していなかった。

534 :名無し募集中。。。:03/11/09 22:44 ID:9QfWSAtL
ふと紺野は思った「だれと戦うんだろう?」

535 :名無し募集中。。。:03/11/10 15:36 ID:JURKrcQR
遠くの方に、やたら黒くて高い声でヒーヒー言ってるヤツがいる。

536 ::03/11/10 15:54 ID:Pkoi8BP7
紺野「ゾマホンさん!!」

537 :名無し募集中。。。 :03/11/10 21:45 ID:iPSixN2K
「ソ、ソ、ワタシガゾマホンヨ!って誰がゾマホンやねん!」見事のその場の時間を凍らせた女、そう彼女こそがマンダム・ブラックこと石川梨華であった。

538 :名無し募集中。。。:03/11/10 23:01 ID:DwJ4Le6X
「石川さん、ブラックって悪役の色ですよ?」


539 :名無し募集中。。。 :03/11/10 23:48 ID:AjVkXHvT
「ブラックが悪役の色って言ってる奴は素人」

540 :名無し募集中。。。:03/11/11 02:01 ID:VinSExL7
そう嘯いたのはバブリー・ゴールドの新垣であった。

541 :名無し募集中。。。:03/11/11 10:59 ID:KZo4GD+k
「石川さんありがとうございます。」新垣の後ろからショッキングピンクを石川からジャンケンで勝ち取った道重が登場!

542 :さゆこんこん:03/11/11 13:36 ID:o+xi2p8j
 ショッキングピンクの衣装を着た道重を凝視する紺野。
 しかしその色を長時間凝視するのは精神衛生上よくなく・・・程なくして紺野は”発狂”した。

543 :名無し募集中。。。:03/11/11 16:34 ID:qxyUEX0t
そして紺野はドラえもんの四次元ポケットに吸い込まれた。

544 :名無し募集中。。。:03/11/11 17:02 ID:aO4m77GT
遠くの方から保田が呼んでいる気がした。

545 :名無し募集中。。。:03/11/11 22:55 ID:6HsbbPzk
「だったら見なきゃいいだろっ!」
想念の臨界点に達しようとしていた紺野を救い出したのは藤本の右手首筋ツッコミであった。

546 :名無し募集中。。。:03/11/12 01:57 ID:DOI29QJK
紺野はゆっくりと崩れ落ちて行った・・・・・・。

547 :名無し募集中。。。:03/11/12 16:32 ID:prvQZ9O4
崩れゆく紺野は、ふとあの時の事を思い出した

548 :名無し募集中。。。:03/11/12 16:49 ID:sl57/PH3
「ああ一生忘れない、鴨の背投げで、ああ一人ぼっち」

549 :名無し募集中。。。:03/11/12 21:49 ID:s1YdShZQ
紺野あさ美永眠(享年十五歳)。

550 :名無し募集中。。。:03/11/12 22:03 ID:UfYsNlCX
「紺野隊員に、一同礼!!」ららららさむばでぃとぅないっ♪

551 :名無し募集中。。。:03/11/13 22:00 ID:WObKYGaU
誰も続きを書いてくれないので、石川梨華自ら筆を取らせて頂きます。好ご期待

552 :名無し募集中。。。:03/11/14 13:46 ID:TTYCtWgX
石川はパソコンの前に座った。なぜか下半身は剥き出しだった。

553 :名無し募集中。。。 :03/11/14 21:40 ID:FIzhkPI3
とりあえず下が寂しかったので、スカートを羽織って駅の階段へと向かった。

554 :名無し募集中。。。:03/11/14 21:49 ID:aSxQg16X
スライムが現れた。

555 :名無し募集中。。。:03/11/14 22:15 ID:m0w3K/Qk
スライムベスも現れた。

556 :名無し募集中。。。:03/11/15 01:40 ID:AX0fuepU
石川は仲間を呼んだ!

557 :名無し募集中。。。:03/11/15 13:08 ID:z7pLHA6p
しかし何も起こらなかった!

558 :名無し募集中。。。:03/11/15 13:58 ID:qHGcS8tG
石川は、足元から強い視線を感じた。
「あ…わたしパンツはいてなかった!」
思わず下を見ると

559 :名無し募集蛛。。。:03/11/16 02:29 ID:2GgTTHIC
「あのぅ…パンツはいた方がいいですよ。」と言いながら板東英二が迫ってきた。

560 :名無し募集中。。。:03/11/16 17:44 ID:RirLJU44
「このスケベ親父が!」
藤本は、板東に蹴をいれて階段の下へ転げ落とした。

涙を浮かべながら藤本に抱きつく石川…

561 :名無し募集中。。。 :03/11/16 22:11 ID:6Qyz7VwC
「美貴ちゃん……」「大丈夫だった?梨華ちゃん!」「……実はあの人私のお父さんなの」「えっ!?」石川の口から語られた衝撃の事実。次回更なる衝撃が!!!

562 :I,m YOU:03/11/16 22:13 ID:STeBQWbt
http://morningmusume.dream.com/
管理者が好むものを...つかれた...

563 :名無し募集中。。。 :03/11/16 22:31 ID:006bkWjQ
北沢「石川に変わって小川」

564 :名無し募集中。。。:03/11/16 22:51 ID:uopqyhKD
小川「さとうきび食べるまで待って下さい〜」


565 :名無し募集中。。。:03/11/16 23:00 ID:yNHwxkN9
実はヤニ吸いにいった辻

566 :名無し募集中。。。:03/11/17 18:17 ID:tiRphWoP
「みんなこのツマンナイ展開に飽き飽きしてるんでしょうっ!」藤本はメンバーを一列にならばせると一人ずつ往復ビンタをかましていった。

「往復ですよ、オ・ウ・フ・ク」田中は不満げに呟く。「しかも一行じゃないし。。。」

藤本は田中を睨みつけた。「冬はもうそこまで来てるのよ、冬はっ!」藤本はタイトルの“秋”にこだわっていた。

567 :名無し募集中。。。:03/11/19 11:25 ID:nA8L54T2
パソコンの前で石川は目覚めた。どうやら眠ってしまったようだ。

568 :名無し募集中。。。 :03/11/19 18:51 ID:s4JEbuSu
「ダメだよ梨華ちゃん!こんなところで眠っちゃっ!」石川の隣には吉澤がいた。気付けばここは雪山だった。

569 :名無し募集中。。。:03/11/19 23:59 ID:LGBmDhCN
ふたりは、なんとか風雪を避けるため洞窟に逃げ込んだ。
「このままじゃ凍えちゃう」
上半身裸になった二人は抱き合って暖を取った。

570 :名無し募集中。。。:03/11/20 00:07 ID:mpF+mP9A
明朝、二人の死体が発見された

571 :名無し募集中。。。 :03/11/20 13:37 ID:5XhlsUFo
第3話ー逆転モーニングー

572 :名無し募集中。。。 :03/11/20 21:23 ID:w7XBPOMw
私はオチこぼれ日本代表の紺野あさ美。だけど今日からは違うの。

573 :名無し募集中。。。 :03/11/21 18:41 ID:Mi5vIW78
やっぱり私はオチこぼれ……。私以外誰も書いてない……。

574 :名無し募集中。。。:03/11/21 20:15 ID:x0CpK5UE
「わ、わたし…脱いだらすごいんです!」
実は、結構いい体をしてる紺野。
落ちこぼれ脱却のため服を脱いで真っ裸に!!

575 :名無し募集中。。。:03/11/22 02:03 ID:wFvPVyM6
「お前はすでに死んだはずだーー!!」
板東英二の怒りに触れた紺野は地獄に落とされた。

576 :名無し募集中。。。:03/11/22 21:24 ID:PX3f8tlK
「地獄と言えば”バスタード”はどうしたのかしら?」漫画ヲタの紺野はふと気になった。

577 :名無し募集中。。。:03/11/23 01:35 ID:QgZbL3Ok
「そんな事より、ここは地獄なのよ!」
「早く生き返る方法をみつけなきゃ」
雪山で死んだ石川と吉澤も地獄にいた。

578 :名無し募集中。。。 :03/11/23 21:48 ID:doLTGOaW
「この地獄の一等賞になりたいの!そんだけ!」紺野は第1回地獄卓球大会を開催した。

579 :名無し募集中。。。:03/11/24 16:06 ID:JppJ19jZ
第1回戦「石川VS黄泉」

580 :名無し募集中。。。:03/11/25 16:49 ID:IsZxAZjI
石川は、必殺「黒光りスマッシュ」で
辛くも黄泉に勝利した。

581 :名無し募集中。。。:03/11/25 21:56 ID:fAeWC5We
第2回戦「吉澤VS骸」

582 :名無し募集中。。。:03/11/26 01:37 ID:u8S1VwWq
「ぐわぁぁぁぁ!!」吉澤は、
骸の時速600km/hを超えるスマッシュが、もろ顔面に直撃し、
地獄でも死を迎え、消滅してしまった。

583 :極京 :03/11/26 14:48 ID:aPGELzvn
だが肉片の一部が転がり落ちてくる姿は魑魅魍魎…否、地獄絵図。 紺野は足元に転がる吉澤の内臓の一部を見て
嘔吐物を吐き出した。

584 :名無し募集中。。。:03/11/26 14:52 ID:aPGELzvn
落ちている吉澤の腸を見て紺野はふと思った。
「モツが食べたい」。
そういうと彼女は吉澤の腸を取り出し鍋に入れ、エバラのすき焼きのたれを入れた

585 :名無し募集中。。。 :03/11/26 23:11 ID:MGA93g4e
「うまいなー」吉澤がうまそうに食っている

586 :名無し募集中。。。:03/11/27 13:46 ID:V+phm9Gx
「あんたは今食われてるんだろっ!」ツッコミキティが炸裂する。

587 :極l京:03/11/27 14:06 ID:xoGMNskV
吉澤モツの味はこの世のものとは思えない味がする…生まれてきてこんな美味いものを食べた事が無かった。
程よく付いている脂肪の油、口の中でエバラすき焼きのタレと雑妙なハーモニーを奏で出す。
「私の求めていた味…うっ…うううま−−−−−−い」
紺野はあまりの美味さに感動し巨大化し涙した。

588 :名無し募集中。。。:03/11/27 14:17 ID:xoGMNskV
「あ、これもいれてみよう…」
紺野は自分の吐き出した嘔吐物をすくい出し鍋の中にぶち込んだ。
近くの亡者達は嘔吐物のあまりの臭さにもらいゲロをしていた

589 :名無し募集中。。。:03/11/27 19:16 ID:V+phm9Gx
「ゲロも食うのかよっ!」

590 :名無し募集中。。。:03/11/28 00:23 ID:EPkStSRj
ツッコミキティはそう言い残し、何処かへと去っていた。

591 :名無し募集中。。。:03/11/28 00:38 ID:xQ+KR3nk
「あ、あのぅ…第3回戦はどうするのでしょう?」
マジカル頭脳パワー以来の司会に、板東は戸惑っていた。

592 :名無し募集中。。。:03/11/28 17:22 ID:2Qze0AeL
第3回戦「紺野VSライゼン(字わからん)」

593 :名無し募集中。。。:03/11/28 17:51 ID:xQ+KR3nk
紺野は、苦戦を強いられながらも、
弱りきったライゼンを倒した。

594 :名無し募集中。。。:03/11/29 13:13 ID:1NYj472t
「んも〜汗かいちゃった」
紺野は、服を脱ぎ捨ててシャワーを浴び始めた。するとそこへ

595 :名無し募集中。。。:03/11/29 13:18 ID:Lnq5Wwje
「私の名前は漢字で”雷禅”だ」と、さっき倒したはずの雷禅が部下の北神達を連れて現われた

596 :名無し募集中。。。:03/11/30 01:59 ID://PDwM2J
そこに、司会の坂東がやって来た。
「あのぅ、4回戦は?」

597 :名無し募集中。。。:03/11/30 20:35 ID:T+tJw8J1
いきなり決勝戦「石川VS紺野」

598 :名無し募集中。。。 :03/11/30 22:22 ID:UJRXXXbt
紺野「はじめてですよ・・・。この私をここまでコケにしたお馬鹿さんたちは・・・」

599 :名無し募集中。。。:03/11/30 23:24 ID:waoY9se0
「俺は、どーなるんだよ…」骸は自分の立場を考えていた。

600 :名無し募集中。。。:03/12/01 14:44 ID:0tyXkKjn
( `.∀´)<「600ゲット」と、保田は、言った。

601 :名無し募集中。。。:03/12/01 18:50 ID:dd50vQUK
「お前はすっこんでろよっ!」後ろからやって来た藤本に、チェーンソーで腕を落とされる保田。

602 :名無し募集中。。。:03/12/01 22:06 ID:mZediQfp
「これで丁度バランスがとれた」自分の切られた右腕を掴むと、軽く2,3度宙で遊んだ。

603 :名無し募集中。。。:03/12/02 14:43 ID:dnezmztU
紺野は保田から右腕を奪うと鍋の中にぶち込んだ。

604 :極京:03/12/02 21:28 ID:8K+Dftsl
またもや登場!!エバラすき焼きのたれ!!
紺野はド○えもん調にすき焼きのたれを出した。

605 :名無し募集中。。。 :03/12/02 21:51 ID:QekqeAS7
それを一気に飲み干し、一言こう言った。

606 :名無し募集中。。。 :03/12/02 23:51 ID:8K+Dftsl
あ〜まずい!!もう一杯!!

607 :侍シリーズでキャスティングするなら?:03/12/03 02:12 ID:XwKV/JYP
もう一杯飲んだ

608 :名無し募集中。。。:03/12/03 02:31 ID:/RXoh/FM
決勝戦が始まらない事にイライラしていた石川は
怒りを抑えるために、ドラゴンボール27巻を読み始めた。

609 :名無し募集中。。。:03/12/03 12:06 ID:IjEMjuzx
いい匂いがただよってきた。「できましたよ〜」そう、娘達のすき焼きパーティーが始まったのだ!!

610 :名無し募集中。。。:03/12/03 14:25 ID:XwKV/JYP
鍋の具材、紺野の北海道のおじさんが送ってきたシャケを狙っている三毛猫のグズ君。
「キシャァァァァァァァァァァァァ!!」
どっからとも無く流れてきた剣の舞とともに、グズ君は具材に飛び掛った。

611 :名無し募集中。。。:03/12/03 16:09 ID:/RXoh/FM
具材は全て猫に食われてしまった。

612 :名無し募集中。。。:03/12/03 19:23 ID:IjEMjuzx
「しょーがない、猫鍋にするか。」藤本が呟く。

613 :さゆこんこん:03/12/03 20:25 ID:rH1BTtdT
 次の瞬間、何を血迷ったか矢口の頭を土鍋に沈めて押さえ付ける美貴帝。

614 :名無し募集中。。。:03/12/03 21:34 ID:1ZCfU1N2
ついに、向かいの席に座っていた河合俊一が言った。

615 :名無し募集中。。。:03/12/03 21:54 ID:T+xetZY4
「日本男子バレーは極楽とんぼ頼みだな」

616 :名無し募集中。。。:03/12/04 02:24 ID:USnaMavV
「鍋なんてつまらん!やめだ!」と、あいつが言った。

617 :名無し募集中。。。 :03/12/04 02:39 ID:EiuDqJpB
「あ、今日はエゥーゴvsティターンズの発売日だ!!!」
矢口が鍋から顔を上げ叫んだ。
そして、みんな仲良くTUTAY●で鍋を食べながら夜明かしをするのでした。
「あたし百式強いよ〜。」
安部が言いました

618 :名無し募集中。。。:03/12/04 21:10 ID:HiZTMkaT
だけど、藤本は思っていた。(おい、617。お前1行じゃない上に、安倍って字間違ってるよ)

619 :l:03/12/04 21:13 ID:AgepD/Gb
http://ttphoto.hmc5.com/

620 :617:03/12/05 04:51 ID:7KzC/970
安部「ふふふ、ばれたらしょうがない私の本性は!!」偽安倍事、安部は真の姿を見せた

621 :名無し募集中。。。 :03/12/05 04:53 ID:7KzC/970
正体は16連射で有名な高橋名人だった!!

622 :名無し募集中。。。:03/12/05 17:34 ID:jvCl42nM
「遊びは終りやよ〜」

623 :名無し募集中。。。:03/12/05 20:46 ID:kET5u6Ok
高橋名人は福井名物、越前ガニを取り出した。「ふふふ、これで終わりやよ」

624 :名無し募集中。。。 :03/12/06 04:05 ID:iFr8OoOh
高橋は越前ガニを頭上に両手で大仰に掲げた。そしてこう言い放った。

625 :名無し募集中。。。 :03/12/06 05:12 ID:foW5fBFR
「キュべレイを出すためにはステージ9までに大佐にならないといけないのよ」

626 :名無し募集中。。。 :03/12/06 18:45 ID:L/jArsDX
「それはどうでしょう?」紺野が遂に重い腰を上げた。

627 :名無し募集中。。。 :03/12/06 20:24 ID:/ZInhEUw
紺野「そいつを考えに入れても私の計算では、50%。
つまりマックスパワーの半分も出せばキミを宇宙のチリにすることが出来るんだ。」

628 :名無し募集中。。。:03/12/06 21:35 ID:foW5fBFR
高橋「だが、あなたのサイバスターでは私のネオグランゾンには、勝てませんよ。」

629 :名無し募集中。。。 :03/12/07 21:48 ID:bZeobWSM
紺野「とりあえずメール欄にageって書き込んで、マニアックな話をしているお前、モチつけ」

630 :名無し募集中。。。:03/12/08 04:13 ID:yb6/GGo/
石川「なんだか鍋が出てからつまらなくなったね。」
藤本「なにが、エバラすき焼きのタレよ!しょーもない。」

631 :名無し募集中。。。:03/12/08 15:50 ID:eLShs1DF
藤本「焼き肉はじめるわよっ! や・き・に・く!」

632 :名無し募集中。。。:03/12/08 19:31 ID:yb6/GGo/
ごちそうさま。

633 :名無し募集中。。。 :03/12/08 21:17 ID:sh2CQ4RU
紺野「エバラすき焼きのタレがあれば、肉じゃがだって作れるんですよ!!バカにしないでください!!」
安倍「ハァ…これだから、ミキティも石川も料理ができ無いのよ。」

634 :名無し募集中。。。:03/12/08 21:43 ID:cjFmrz61
辻「かっぺどもは、だまってろれす」

635 :名無し募集中。。。 :03/12/08 22:01 ID:sh2CQ4RU
安倍は言った。
「ゴーマンかましてよかですか…?」

636 :名無し募集中。。。:03/12/09 02:06 ID:1ktF3oTp
全てに疲れきった石川は、とりあえずエスカップを飲んだ。

637 :さゆこんこん:03/12/09 02:14 ID:LZAeeE5k
 後から来た圭織はそんな石川たちを見て胃が痛くなって胃薬を飲んで落ち着いた。

638 :名無し募集中。。。 :03/12/09 02:56 ID:5G6dINat
( ^▽^)<センロック?

639 :名無し募集中。。。:03/12/09 08:58 ID:OO8cYHyj
混沌とした状況の中、何も知らない矢口はボジョレー・ヌーボーをその小さな体で大事そうに抱えてやってきた。

640 :名無し募集中。。。 :03/12/09 11:58 ID:r7AmwXJM
猫のグズ君、矢口の持っているボジョレー・ヌーボーに目を光らせた!! そして矢口に飛び掛った!!

641 :名無し募集中。。。:03/12/09 14:20 ID:RBCplDSp
石川が猫を秒殺。「猫だけに“びょうさつ”。」

642 :名無し募集中。。。:03/12/09 14:58 ID:oo+gJu2G
「そこが絡みづらいのよ」と、圭織は言った。

643 :名無し募集中。。。:03/12/09 17:53 ID:oWlm1Gsj
石川「ねぇみんな、汗かいちゃったからお風呂入ろうよぉ…」

644 :名無し募集中。。。 :03/12/09 18:32 ID:GkpLg6Vz
「一人で行けよ」吉澤は突き放した。これも一つの愛の形。

645 :名無し募集中。。。:03/12/09 19:44 ID:1ktF3oTp
「なら俺が一緒に行こう。」俺は石川について行った。

646 :名無し募集中。。。:03/12/10 00:36 ID:Vx5YtPUH
「みんな冷たいよねぇ〜。」と石川は俺に囁いた。

647 :名無し募集中。。。 :03/12/10 01:44 ID:i0bheur5
「あ、あの所であなたは誰ですか?」石川は俺に聞いてきた。

648 :名無し募集中。。。:03/12/10 02:01 ID:kqUi2aFD
本名を名乗る事を許されない俺は、とりあえず
「漫Fニャたろう」と名乗っておいた。

649 :名無し募集中。。。 :03/12/10 02:31 ID:qHdxhUSm
「貴様、画★太郎かぁっ!!」石川は目を開いた。

650 :名無し募集中。。。:03/12/10 12:50 ID:i0bheur5
「そんな顔似合いませんよ」いきなりセーラー服を着たババアが語りかけてきた。
「さぁ、笑って」ババアは垂れてしぼんでる乳をさらけ出した。

651 :名無し募集中。。。:03/12/10 15:03 ID:RakgS5xu
「あーぁ、わけわかんね」藤本はうんざりしてきた。

652 :名無し募集中。。。 :03/12/10 22:54 ID:VrfiViHP
藤本「もうここまでだ!この星もろとも貴様らをゴミにしてやるー!」

653 :名無し募集中。。。:03/12/10 23:03 ID:kqUi2aFD
漫Fニャたろう「オメエが藤本か…
思っていたよりずっとガキっぼいな…。」

654 :名無し募集中。。。 :03/12/11 00:46 ID:gi3BVQ8I
「お前がぁ藤本かぁ〜」そこに岡村先生も参戦した。

655 :名無し募集中。。。:03/12/11 00:54 ID:iO3r4aSP
「おかむらさぁ〜ん。なにやったはるんですかぁ?」と矢部がツッコム。

656 :名無し募集中。。。:03/12/11 01:34 ID:1HqVUu15
「マジで俺の彼女にならへん?」矢部は吉澤を口説きにかかる。

657 :名無し募集中。。。:03/12/11 18:23 ID:IT/YSLUh
「あーぁ、お前らお笑いなんだろ?なんかもっと面白いこと言えねーのかよっ!つかえねーなっ!」藤本はうんざりしてきた。

658 :名無し募集中。。。:03/12/11 21:55 ID:ojniWyBW
藤本はナイナイにあきれて、ゴロッキーズの収録に向かった。

659 :名無し募集中。。。:03/12/11 23:59 ID:OC59BO+k
藤本を天王州スタジオの前で待っていたのは!

660 :名無し募集中。。。 ::03/12/12 00:16 ID:Shk4Kl/6
壁に綺麗に挟まった亀井だった。

661 :名無し募集中。。。:03/12/12 06:40 ID:ddy1O0BB
藤本は亀井をもう少し奥に打ち込んでおいた。

662 :名無し募集中。。。 :03/12/12 06:55 ID:S8d0wIPk
「藤本!!何しとるんや!!!」後ろから中澤が、どなり散らしてきた。

663 :名無し募集中。。。:03/12/12 11:24 ID:E0oUBSMU
藤本は中澤を、亀井とは違って、見えないように壁の奥の奥に打ち込んでおいて、スタジオに入った。

664 :名無し募集中。。。:03/12/12 15:43 ID:S8d0wIPk
「ちょっと待ち!!このまま去っていく気か!!」中澤は壁をぶち破り出てきた。 そして、ミキティの顔面にコークスクリューをぶち込んだ。 ミキティの鼻は曲がり血が出ている。

665 :名無し募集中。。。:03/12/12 16:00 ID:E0oUBSMU
藤本は鼻をまっすぐに直し、血をぬぐうと楽屋へと急いだ。

666 :名無し募集中。。。 :03/12/12 21:10 ID:iJ99YHH+
「私には待っている人がいるんだ!こんなところで立ち止まっていられない!」藤本は足を引きずりながらも、あの人が待つ楽屋へと駆けた。

667 :名無し募集中。。。 :03/12/13 21:24 ID:poaCmcvf
走った。転んだ。既に満身創痍だ。立ち上がる間も無く立ち上がる間もなく襲い来る 罵声と暴力
負けるか私は藤本美貴

668 :名無し募集中。。。:03/12/13 23:16 ID:l/4IgyeC
さて、そのころ、一人で風呂に浸かっていた石川は悩んでいた。

669 :名無し募集中。。。 :03/12/14 07:01 ID:jQOcabCc
「バスロマン使えば良かったかな…」

670 :名無し募集中。。。 :03/12/14 18:05 ID:JJehoXmJ
石川はバスロマンを探す旅に出た。

671 :名無し募集中。。。 :03/12/14 21:52 ID:X+NzDWNR
ツムラが現れた!!

672 :名無し募集中。。。:03/12/14 23:22 ID:FCA3bulJ
ツムラは仲間を呼んだ! 辻と村田が現れた!

673 :名無し募集中。。。:03/12/14 23:49 ID:fhS8yz/9
とりあえず、石川、辻、村田の3人は、露天風呂に入った。

674 :名無し募集中。。。:03/12/15 02:28 ID:+w3G/gV8
矢口は『鬼太の帽子』を探していた。

675 :名無し募集中。。。:03/12/15 17:26 ID:VNcxQhwp
『鬼太の帽子』が見つかったので、矢口はとりあえず露天風呂へ向かった。

676 :名無し募集中。。。:03/12/15 19:53 ID:+w3G/gV8
矢口は露天風呂につかりながら『鬼太の帽子』を読み始めた。

677 :名無し募集中。。。:03/12/15 20:41 ID:VNcxQhwp
そんな矢口を、 石川、辻、村田の3人が少し離れて様子をうかがう。

678 :名無し募集中。。。:03/12/15 23:51 ID:IwEDNKGh
そこへ、しっちこと安倍晋三が女装をし、なっちになりきって入ってきた。

679 :名無し募集中。。。 :03/12/16 03:48 ID:Ur/fIoKf
さらに!田中麗奈が田中れいなになりきって入ってきた。

680 :名無し募集中。。。 :03/12/16 12:44 ID:nhhZIbp0
矢口は『鬼太の帽子』に夢中だ。安倍晋三が出て行くと、石川は矢口におそるおそる話しかけた。

681 :名無し募集中。。。:03/12/16 13:36 ID:EB5PIJBo
石川「実は私『アレクサンダとぜんまいねずみ』読んでるんです。」

682 :名無し募集中。。。:03/12/16 17:33 ID:Qg1Lf9BW
「でもさっきお風呂の中に落としちゃったんです。」

683 :名無し募集中。。。:03/12/16 18:59 ID:nhhZIbp0
「私にまかせてくださいっ!」紺野は突然やって来てそう叫ぶと、思いっきり飛び込んだ。

684 :名無し募集中。。。 :03/12/16 20:58 ID:ugEkRGhV
田中麗奈は自分に1mたりとも触れてくれない事に腹が立ち、紺野よりも先に石川の本を探し出した。

685 :さゆこんこん:03/12/16 21:21 ID:7pUzwEq/
 先に本を見つけた田中麗奈。
 しかしそれに気付かない紺野に湯の中で踏まれて湯の底に沈む。
 とどめに後から仲良く抱き合う様に入ってきた亀井と道重の裸の尻に敷かれて二度と浮かんで来なくなった。

686 :名無し募集中。。。:03/12/16 21:32 ID:VgvHl5wK
そこへひょっこりと吉澤が現れた。「梨華ちゃん、さっきはゴメンね。やっぱり一緒にお風呂入ろ♪」

687 :名無し募集中。。。:03/12/16 23:15 ID:EB5PIJBo
「一人で入れよ」石川は突き放した。これも一つの愛の形

688 :名無し募集中。。。:03/12/17 00:30 ID:1jip3NCH
そこへ飯田と安倍と高橋が、入ってきた!

689 :名無し募集中。。。:03/12/17 10:59 ID:Ef9ciFYv
そして天からバニラコーラと保田が降ってきた。

690 :名無し募集中。。。:03/12/17 19:31 ID:PQ2+eOxy
そして底からはドクターペッパーと平家が沸いて出てきた。

691 :名無し募集中。。。:03/12/17 21:03 ID:Ef9ciFYv
保田は仲間を呼んだ。保田B・保田C・D・E・F・G・Hが現われた。

692 :名無し募集中。。。:03/12/18 11:22 ID:bPehZxTL
藤本「いいかげんにしろよ」

693 :名無し募集中。。。:03/12/18 20:13 ID:8nvqVniz
藤本は拳を振り廻し、その場にいた全員をシバキあげた。

694 :名無し募集中。。。:03/12/19 00:54 ID:3PVSQj45
「藤本……貴様が殺したんだ……」
「みんな……」
「許さんぞ!!貴様は絶対に許さん!!!!」
「ふじもとぉぉぉぉーー!!!!」
「俺はスーパーサイヤ人辻希美だぁぁぁーー!!」

695 :名無し募集中。。。:03/12/19 18:56 ID:1sLDlh7D
藤本「つまんね。次っ」

696 :名無し募集中。。。:03/12/19 20:18 ID:poIQvLKO
藤本の一言に、ハッ!とわれに返った辻は、自分が全裸で仁王立ちしている事に気付いて思わず叫んだ!

697 :名無し募集中。。。:03/12/19 21:42 ID:/w1K5kmF
「らってみんな自慢するんらもーん!」

698 :名無し募集中。。。:03/12/20 03:56 ID:wnnoLEOR
あろうことか巡回中の警官に見つかってしまった。

699 :名無し募集中。。。 :03/12/20 14:17 ID:sdWQ9jhO
辻は勢い良く地面を蹴り上げ、女風呂の垣根を飛び越えて、その場から脱出した。

700 :名無し募集中。。。:03/12/20 19:37 ID:w+0TA7d9
垣根の向こうは男風呂だったが、辻はウドになりきって男風呂に入ることにした。

701 :さゆこんこん:03/12/20 23:44 ID:/4vA0wzA
 男湯には天野が先客にいた。
 しかし、飛び込んできたのが辻とは気付かず、それどころか本気でウドと思い込んでしまった。

702 :名無し募集中。。。:03/12/21 13:17 ID:ZCYF46UK
「なぁウドちゃん、最近辻が大人っぽくなってきたよなぁ。体つきとかさぁ」

703 :名無し募集中。。。:03/12/21 15:35 ID:UEqx0OTP
ウド辻は藤本の声で「お風呂場の大ハプニング」を歌うのであった

704 :名無し募集中。。。 :03/12/21 21:10 ID:Xzouyyto
「なっ!?貴様はウドではないな!!」天野はそう言いながら、戦闘態勢を整えた。

705 :名無し募集中。。。:03/12/22 02:31 ID:ic82Kg0t
一方、風呂から、あがったメンバー達は、
それぞれ、世界各地へ旅立っていた。

706 :さゆこんこん:03/12/22 10:23 ID:zcsulI86
 紺野が行った先は北欧はスカンジナビア半島の森林(もり)の奥深く
 ・・・のはずが、目にする動くものは神秘の猫ノルウェージャン・フォレストキャットだけ・・・
「にゃ〜ん♪」

 あれっ?紺野?? 

707 :名無し募集中。。。 :03/12/22 20:06 ID:wmE2RjGV
こんこんは猫耳という、空前絶後のアビリティーを習得した。

708 :名無し募集中。。。:03/12/22 23:16 ID:MUz4frqt
しかし紺野はアビリティの使い方を知らなかった。

709 :名無し募集中。。。:03/12/23 02:15 ID:n1vK0Jy5
やがて紺野はビックリするとこの耳がやたら大きくなることに気がついた。

710 :さゆこんこん:03/12/23 11:54 ID:OT+Oe5rp
 一方、
 矢口。矢口は日本に戻って中澤が運転するカローラのレンタカーのナビシートに座ってた。

「セルフでガソリン入れたら何か燃費悪いにゃぁ。」
「なあ矢口、この車、始めからこんなに重かったかなあ?」

 二人は知らなかった。亀井と道重が抱き合ってトランクの中にひそんでいたことを。

711 :名無し募集中。。。:03/12/23 19:31 ID:0LzLUR/8
しかし矢口はそろそろつっこむべきだと思った。「さゆこんこん、ここは一行リレースレだよ」と。

712 :物語展開修正担当さゆこんこん:03/12/23 21:02 ID:OT+Oe5rp
 不意にリアシートから聞こえる二人でハモったアニメ声。
「矢口さぁん、つっこむの遅すぎですよ。」

713 :名無し募集中。。。:03/12/24 01:15 ID:u9NQeGpT
その瞬間、車は電柱に激突した。

714 :名無し募集中。。。:03/12/24 01:24 ID:oukYCTzb
4人とも死んだ。

715 :名無し募集中。。。 :03/12/24 16:30 ID:gaDECOL5
その時、天から天使なっちが降臨した。

716 :名無し募集中。。。:03/12/24 22:34 ID:u9NQeGpT
現場では、亀井が現場検証の指揮をとっていた。

717 :名無し募集中。。。:03/12/25 06:48 ID:D/kzS1nI
それは幽霊の亀井だった。死んだ中澤、矢口、道重を見下ろしていた。

718 :名無し募集中。。。:03/12/25 19:58 ID:D/kzS1nI
降臨した天使なっちは「私の奴隷になるなら生き返らせてあげるわ」と4人に言いました。

719 :名無し募集中。。。:03/12/25 22:49 ID:vPIfBMoX
そこに黒いレザースーツにしっぽ付きの藤本登場。「すっこんでろよシロブタはよっ!!」

720 :名無し募集中。。。:03/12/26 02:13 ID:mBkMFh5E
天使なっちは梨華ちゃん、悪魔ミキティはよっすぃ〜をそれぞれ召喚した。

721 :名無し募集中。。。 :03/12/26 07:32 ID:RX56OygS
だが、なっちが召喚して出てきたのは、シンと化した市井こと、究極召喚獣イチイザヤだった。

722 :名無し募集中。。。:03/12/26 12:36 ID:1YREUESP
召喚したはいいのだが、いざ証言となると拒否されてしまった。あざ笑う矢口。

723 :名無し募集中。。。 :03/12/26 16:22 ID:6sEJOnDN
なっちはLでゆさぶった

724 :名無し募集中。。。:03/12/26 17:56 ID:mBkMFh5E
↓ミキティのツッコミ炸裂っ!

725 :名無し募集中。。。:03/12/26 18:32 ID:RBFJR/T6
「梨華ちゃん、ピンク似合わないよ」

726 :名無し募集中。。。:03/12/26 18:43 ID:px/a+r5J
「レバ刺し3人前ぺろりと食う女に言われたくないわよ!」と梨華が反撃。

727 :名無し募集中。。。:03/12/26 20:23 ID:mBkMFh5E
おだて攻撃にでてみた。「梨華ちゃん、黒髪かわいいわよ」

728 :名無し募集中。。。:03/12/27 18:11 ID:OVuYK27f
ポジティブな梨華ちゃんのHPが回復した。

729 :名無し募集中。。。:03/12/27 20:16 ID:ezg7f3wh
「な〜んて。梨華ちゃんは普通にきもいわよ。顔も髪も黒くてきもちわる〜い。まっくろ〜w」

730 :名無し募集中。。。:03/12/27 20:21 ID:Vv34RLQy
俺はイケメンだ。文句あるか。

731 :名無し募集中。。。:03/12/27 20:23 ID:P/U1d78o
激怒した梨華がケリを入れたが、ミキティの方が足が長かったので逆に蹴り倒された。

732 :名無し募集中。。。 :03/12/27 23:12 ID:zZd5MVw1
「もうお家帰る!」

733 :名無し募集中。。。:03/12/28 00:59 ID:uLQT6Exx
しかし石川の背後霊が幽霊矢口と口論を始めたので帰るに帰れなかった。

734 :名無し募集中。。。:03/12/28 02:32 ID:nX0a2DHt
「宇多田ヒカルと同じ誕生日だからっていばってんじゃないわよっ!おいらはヒカルの次の日に生まれたのよっ!」

735 :さゆこんこん:03/12/28 03:53 ID:XjJpM+1x
 そんな騒動にいい加減ウザく思った道重は得意のものを放った。
 「シャポン玉ぁーー!」

736 :名無し募集中。。。:03/12/28 14:32 ID:EFok8YL/
誰かが「逝ってよし」と言った。

737 :名無し募集中。。。:03/12/28 18:10 ID:uLQT6Exx
素直に逝くべきだと思った。

738 :名無し募集中。。。:03/12/28 19:56 ID:x+D/D3SW
道重「私、自分が一番かわいいと思ってますよぉ〜」と爆弾発言!

739 :名無し募集中。。。:03/12/28 20:23 ID:EFok8YL/
「交通事故の次は爆弾事件か。。。」幽霊指揮官・亀井は数日の徹夜を覚悟した。

740 :名無し募集中。。。:03/12/28 20:32 ID:a3qSOPSb
えり「道重・・・・いいかげん目さましなよ。」
見方と思ってた奴から見放され道重痛恨のダメージ

741 :名無し募集中。。。:03/12/28 21:23 ID:zj6C15WO
「え……私って本当は……あ、やっぱり可愛い」鏡を見直してあらためて自分の可愛さを噛締める道重。

742 :名無し募集中。・。:03/12/28 21:23 ID:UTT2kxTy
4マナ、神の怒り!

743 :名無し募集中。。。:03/12/28 21:50 ID:WMRDCYea
そこへつんく♂登場。「可愛いだけじゃなぁ。能なしの5期、6期は卒業させる!」

744 :名無し募集中。。。:03/12/28 23:16 ID:EFok8YL/
「上等だ」「テメエはどうなんだよ」 道重、亀井、藤本の反撃は凄まじかった。

745 :名無し募集中。。。:03/12/29 15:45 ID:p6FG5jYh
亀井「同情するなら足をくれ!」

746 :名無し募集中。。。 :03/12/29 21:31 ID:fkoxZ8AC
「ばってん、私は大丈夫とね」田中一人、安心中。

747 :名無し募集中。。。:03/12/29 22:03 ID:AGtKqbJy
突然、道重の携帯にメールが入った。高橋からだった。

748 :名無し募集中。。。:03/12/29 22:51 ID:TT583eVM
♪風の中の昴 砂の中の銀河 みんなどこへ逝った〜

749 :名無し募集中。。。:03/12/30 01:46 ID:1ypSnw3o
道重は事故でグチャグチャになった自分の死体を撮って返信した。
「紅白は私の分までがんばってください\(^o^)/」

750 :名無し募集中。。。 :03/12/30 17:27 ID:SJBA/i7u
「思えばこの悲劇の幕開けは、あの一通のメールから始ったのでした…」心痛な面持ちで語り始める矢口。

751 :ザーメン女教師:03/12/30 21:25 ID:11c+EjmS
  あやや
   _, ,_   ∩パンパーン
 ( ‘д‘)彡
  ⊂彡☆))Д´) >>小川

752 :名無し募集中。。。:03/12/30 23:48 ID:rkF+vDIq
「メールだけに滅入るって感じ?」と石川が口を挟んだ。

753 :名無し募集中。。。:03/12/31 06:42 ID:VaC6tUjQ
「テメェの場合は字が違うけどなぁっ!」藤本のツッコミが石川の眼球に炸裂!

754 :名無し募集中。。。:03/12/31 07:44 ID:EBnk5fr7
「近くに眼科あった?」少々疲れ気味の道重が亀井に尋ねた。

755 :名無し募集中。。。 :04/01/01 22:37 ID:7vg7Fn7Q
亀井は言った。「きっとそれは恋の始まりだよ」わけがわからなかった。

756 :名無し募集中。。。:04/01/02 09:52 ID:z7aCp57o
その気になってしまう道重

757 :名無し募集中。。。:04/01/02 12:06 ID:diNEABrV
そのころ辻は自身が持つ「連続かんちょう」の世界記録である20,000人を更新していた

758 :名無し募集中。。。 :04/01/02 16:44 ID:APXuMosA
そして、カンチョーWカップが開催された。

759 :名無し募集中。。。 :04/01/03 18:47 ID:zCN+FBnT
稲中以来の、この大会に様々なゲストが駆けつけた。

760 :名無し募集中。。。:04/01/04 22:08 ID:jMmVE/Sq
駆けつけたK-1の石井館長が言った、「もう秋じゃないよね」

761 :名無し募集中。。。 :04/01/04 22:20 ID:47GxYynI
カンチョーWカップ編  堂々完結

762 :名無し募集中。。。:04/01/05 00:21 ID:hKSJNq2C
新展開
〜凶悪戦士フリーザ〜

フリーザ「不老不死になるのが夢なんだ。」

763 :名無し募集中。。。:04/01/05 14:49 ID:ekmEu2+Q
とある朝、安倍の元にベルト・デジカメ・ライト携帯電話のようなものが入ったアタッシュケースが送られてきた。
アタッシュケースには「SMOTO BRAIN」というロゴが目に付いた。

764 :名無し募集中。。。 :04/01/05 20:24 ID:5L/EveHB
とりあえず、そのアタッシュケースを開けて見る。中には黒いスーツと重々しい銃が一丁入っていた。

765 :名無し募集中。。。:04/01/05 21:14 ID:pemYtQp5
>>764
メッセージが添えられていた。

「よろしく御配慮を賜りたい。C。」









766 :名無し募集中。。。:04/01/06 10:16 ID:4XunAvz/
銃を握りしめて、安倍は自分の頭を撃った。






そのままベッドに倒れ込み、死んだフリをして遊んだ。

767 :名無し募集中。。。:04/01/06 16:40 ID:2r9WTslm
そのまま眠ってしまった。枕が濡れた。






768 :名無し募集中。。。:04/01/06 21:14 ID:pT6Py/lW
その涙は、何時の間にか河となり海となった。

769 :さゆこんこん:04/01/06 21:52 ID:y0otdqX4
 一方、別々の場所二か所で涙が河となり海となっていた。一方はなっちの隠し妹の藤本、一方は辻だった。

770 :名無し募集中。。。:04/01/07 00:41 ID:akhqXh56
「よくわかんねーけど、てめえはオラには勝てねえ!」と、乙戦士が藤本に言った。

771 :名無し募集中。。。:04/01/07 00:50 ID:oXk+IZOq
「今年の冬は長くなりそうね・・・」亀井はおばあちゃんに編んでもらったセーターを着た。


772 :さゆこんこん:04/01/07 15:30 ID:536vlU9H
 そのそばにいる道重がつぶやく様に聞く。
「えり・・・いつ、娘。に春が来るのかな・・・?」

773 :名無し募集中。。。:04/01/07 19:05 ID:NNgdJI8f
「てめーがいる限りこねーよ」亀井は突き放した。

774 :名無し募集中。。。:04/01/07 19:31 ID:JxUa0d7I
びくっ、とする道重。

775 :名無し募集中。。。:04/01/08 02:32 ID:dKLA4LBq
2人は七輪の上で餅を焼いていた。晴れた日の午後、しゃがんでいても2人の影は長く伸びていた。

776 :さゆこんこん:04/01/08 15:25 ID:8A06/J3+
 しばらくして道重の膝を枕に仰向けに寝そべる亀井。その顔を覗き込んで道重ひとこと。
 「餅だけじゃなくえりも食べたい・・・。」

777 :名無し募集中。。。:04/01/08 15:32 ID:p92L6ubC
えりりん:「うるせーよどちくしょうくわれてたまるか」



778 :名無し募集中。。。:04/01/08 23:49 ID:ntOh0RKd
しかし、えりりんは既に道重から服を脱がされて真っ裸になっていた!

779 :名無し募集中。。:04/01/09 03:33 ID:BBi+00Qq
この時、えりりんは悟った。自分の死期が近いことを…

780 :名無し募集中。。。:04/01/09 05:36 ID:nJPjohym
えりりんは意を決して、そのことを道重に伝えようと思った。
「さゆ、実は、わたしは…」

781 :名無し募集中。。。:04/01/09 11:10 ID:T3WaZPvq
えりりんのくちびるを道重のくちびるがふさいだ。

782 :名無し募集中。。。:04/01/09 15:28 ID:/54bm4NH
道重の頭越しには碧空が広がっていた。亀井は吸い込まれていきそうな感覚を覚えた。柔らかな唇の感触と共に・・・

783 :名無し募集中。。。:04/01/10 04:19 ID:ZbBe8E3e
血ゲロを吐いた

784 :名無し募集中。。。:04/01/10 08:00 ID:voeVjgEE
「えりっ!?」と、思わず絶句してしまう道重。
激しく咳き込む亀井の体から、みるみる力が抜けていく。
「えり、どうして…?」
道重は、すっかり放心しきった様子で、何度も何度も呟きつづけた。
その乾いた口唇を、亀井は力なくも、うっとりと見つめている。
「わたしは、ね…」

785 :名無し募集中。。。:04/01/10 17:03 ID:nQ3wcipo
「一行以上書く香具師は嫌いなの」亀井は最後に言い放った。

786 :さゆこんこん:04/01/10 17:34 ID:CQDJW4ch
 道重はアホらしくなって瀕死の亀井を置いたまま帰ってしまった。

787 :名無し募集中。。。:04/01/10 17:57 ID:fC+1jcbY
俺は瀕死の亀井を、家に持って帰った。

788 :名無し募集中。。。 :04/01/10 18:29 ID:anr2U2/h
家で帰り細部を確認したところ、それは亀井静香議員だった

789 :名無し募集中。。。:04/01/10 18:56 ID:sfNhSSNf
とりあえずカメラに収めては見たが

790 :名無し募集中。。。:04/01/11 12:29 ID:RM7+GuMD
辻「吐き気がするのれす。でも病みつきなりそうなのれす」

791 :名無し募集中。。。:04/01/11 18:21 ID:7gvCv2k7
辻は自分の中に沸々と沸き起こる、どす黒い感情を抑えきれずにはいなかった。

792 :名無し募集中。。。:04/01/12 15:46 ID:x8xGPcz9
ハロコン舞台上、れいなの背後に忍び寄りおもむろにジーンズを下げた・・・勢いあまってパンツも脱げた


・・・・時が止まる

793 :名無し募集中。。。:04/01/12 20:03 ID:ABC3rh15
「繋がりがわからねーよ」道重は愚痴った。

794 :名無し募集中。。。:04/01/13 01:17 ID:boCK/Yd6
「先につっこむなよ」藤本も愚痴った。

795 :名無し募集中。。。:04/01/13 04:17 ID:Pb9wiLMX
時が動き出した瞬間!!田中が吹っ飛んでビルの貯水塔にめり込んだ。


796 :名無し募集中。。。:04/01/13 04:19 ID:Pb9wiLMX
「私から…の…最後のメッセージです…」そう言うと田中は時計塔にエメラルドスプラッシュを打ち込んだ
 田中れいな 死亡

797 :名無し募集中。。。:04/01/13 11:24 ID:241ervKx
さて、さくら組(正規軍)vsおとめ組(反乱軍)の全面抗争はもはや避けられない事態となっていた。そしてついにMS同士の戦いが始まった。

798 :名無し募集中。。。:04/01/13 12:39 ID:PlDdyx24
シャア専用カゴックが3倍の速度で膨らみながら矢口の乗るジム(事務係石井)の装甲を貫く

799 :名無し募集中。。。:04/01/13 21:34 ID:z3njwc6T
「デブとは違うのだよ!デブとは!!」カゴックは言い放った。

800 :名無し募集中。。。:04/01/13 22:02 ID:0CI7xzen
藤本「そりゃあんたランバラルじゃないし」

801 :名無し募集中。。。:04/01/14 00:47 ID:MbAojBZ+
中澤は停戦工作プランを作成したが、この状況下では無理だなと思いはじめていた。

802 :名無し募集中。。。:04/01/14 01:04 ID:woIQ2owX
そして地球は滅亡した。

803 :名無し募集中。。。:04/01/14 02:35 ID:KySfxeNA
次回作「みつまJAPANの冬」に乞うご期待!

804 :名無し募集中。。。:04/01/14 03:59 ID:8ppRy8m/
「ついに来たッ・・・」れいなは汗まみれの手で、引いたばかりの發を握りしめていた。
「小三元確定。勝負に出る価値は・・・ある筈・・・!」


チラリと正面を見る。そこにはリー棒を無造作に転がしたまま、意味ありげな微笑を浮かべる藤本がいた。

805 :名無し募集中。。。:04/01/14 19:41 ID:pOgpozt2
藤本「はい、次ーっ」

806 :名無し募集中。。。:04/01/14 22:00 ID:GGDOY8Zt
藤本は思った。「もういい加減、”その頃〜”とか”一方〜”とか、急激な場面転換はやめない?」

807 :名無し募集中。。。:04/01/14 22:57 ID:guSb9udv
キー坊「藤本さん、静かにしてください」

808 :名無し募集中。。。 :04/01/15 02:15 ID:uuHg2xxw
「とぉおおりゃあああ!」れいなは青筋を立てながらウーピンを卓に叩き付けた。

809 :名無し募集中。。。:04/01/15 11:25 ID:XUaS8EJO
れいなは思った。「わたし藤本さんに賛成です。ノリが大事ですよね。」

810 :名無し募集中。。。 :04/01/15 21:04 ID:s3NHktQq
「そうそう、ノリ、勢い、無理にも繋げて行く姿勢、これ忘れちゃダメ」藤本はウザかった。

811 :名無し募集中。。。:04/01/15 23:42 ID:IJSr1Nyg
「そう。あとね〜、のりを歯に付ける演出、これも忘れちゃダメだね」と、吉澤。

812 :名無し募集中。。。 :04/01/16 15:31 ID:zFXmP8HH
「あと、ノリをべったりつけすぎないことも大事やね」加護もノっかってきた。

813 :名無し募集中。。。:04/01/17 22:13 ID:b3cofsP1
「あんたらくだらないこと話してるから誰も書き込まないじゃないの!」リーダー飯田が遂にキレた。

814 :名無し募集中。。。 :04/01/18 04:42 ID:s5/cSVxy
首をかしげる一同。「書き込みって、何のこと?」

815 :名無し募集中。。。:04/01/18 10:09 ID:w0jKHuDU
「うるさい!!あんたのせいで仮面ライダー555が中途半端な終わり方をしたんだよ!!」
矢口が飯田に逆切れをした。

816 :名無し募集中。。。 :04/01/18 10:57 ID:s0Yji+pp
「ブレイドも半端だから安心しなよ、おまえはワンピでも見てろ。」と、飯田は矢口を一喝した。


817 :名無し募集中。。。:04/01/19 17:12 ID:WC9RyP7r
「お前の話のほうがくだらないっ!」飯田に藤本がつっこむ。

818 :名無し募集中。。。:04/01/19 19:16 ID:3WKIgM4g
「みきたんのつっこみもくだらな〜い」松浦が藤本に言い放つ。

819 :名無し募集中。。。:04/01/19 20:52 ID:WzPNPdov
「あ、亜弥ちゃん・・・」藤本は松浦だけには嫌われたくないのだ。

820 :名無し募集中。。。 :04/01/19 22:20 ID:flq77ZyH
「特撮論争もできないあんたなんか友達じゃない! いつもくだらない突っ込み入れて…自分が好かれてるつもり?」松浦は藤本の不満をぶちまけたっ!

821 :名無し募集中。。。:04/01/20 12:32 ID:eWgsG45Q
「そんなに言わなくたっていいじゃない・・・。わーん」藤本は泣きながら脱衣所へ走っていった。

822 :名無し募集中。。。:04/01/20 12:48 ID:UngUf1oE
脱衣所にはなぜか松浦が先回りをしていた。 松浦は藤本の荷物を中身を全部ぶちまけて、踏みつけグジャグジャにし、とどめに藤本の頭にソースをかけた

823 :名無し募集中。。。:04/01/20 12:50 ID:UngUf1oE
その日から、ハロプロメンバー全員による藤本イジメが始まった…

824 :名無し募集中。。。 :04/01/20 17:47 ID:36tqjhz4
藤本は堪えた。滝川にいるお母さんのためにも堪え続けた。

825 :名無し募集中。。。:04/01/20 18:16 ID:RcHvhTLs
しかし、臨界に達してしまった。

826 :名無し募集中。。。:04/01/20 18:38 ID:6esdGv67
藤本はメンバーを一人ずつ血祭りにあげることを決意、ノートにメンバー全員の名前を書き込むとバイクをはしらせた。

827 :名無し募集中。。。:04/01/21 00:36 ID:pi+MPhkd
「マコ、シリウスに向かって飛べ!」バイクの後部座席に跨った藤本は、ハンドルを握る小川麻琴に言った。

828 :名無し募集中。。。:04/01/21 10:48 ID:Hc7UfsM2
「で、何で私は後部座席なのよっ!」藤本は自らつっこんだ。

829 :名無し募集中。。。:04/01/21 18:35 ID:IUv8f0CE
結局の所、今日も二人は仲良しなのです。

830 :名無し募集中。。。:04/01/22 11:52 ID:B6ZMYH8A
壁際から二人を覗き、ぼやく草加雅人「君達が仲良くされるとこまるんだよなぁ…!」

831 :名無し募集中。。。:04/01/22 12:49 ID:2lGeCyI2
そ・それは、麻琴が、好きなんだ!!

832 :名無し募集中。。。:04/01/22 16:19 ID:PtoIJBMZ
と、藤本は叫んだ。しかし麻琴ちゃんに月からのお迎えが来てしまう日は刻々と近付いていたのです。

833 :名無し募集中。。。:04/01/22 17:48 ID:/eLptMvd
麻琴が月に帰ったので、藤本は田中に運転を頼もうと、田中の家までバイクをおした。

834 :名無し募集中。。。:04/01/22 22:22 ID:MwzDmh0j
「おすのかよっ!!」藤本は思わず自分につっこみを入れていた。

835 :名無し募集中。。。:04/01/23 19:15 ID:9REnn0jg
「ハァハァさすがにハァハァ疲れたわハァハァ」藤本は田中家の玄関チャイムをならした。ピンポ〜ン!

836 :名無し募集中。。。:04/01/23 22:33 ID:HZwGhGgW
田中「…合言葉は?」

837 :名無し募集中。。。:04/01/23 22:52 ID:t7475ijW
藤本「のばら」

838 :名無し募集中。。。:04/01/23 22:56 ID:gK09l2mI
田中「貴様、反乱軍だな!」

839 :名無し募集中。。。:04/01/23 23:02 ID:FPA23lp1
レジスタンス藤本は立ち上がった。こうして田中王国との100年戦争は幕を切ったのだ。

109 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)